たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年09月03日

片頭痛の鍼灸治療

片頭痛の鍼灸治療片頭痛には鍼灸治療が効く。ズキズキとした痛みがその場で取れるのでアッよくなったと実感できる疾患のひとつだと思う。(私の症例が多い頭痛のタイプは眼精疲労からの筋緊張型頭痛と片頭痛。)

頭痛には大きく筋緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛に分類できる。その他鑑別すべきものとして頭部神経痛、低髄液性頭痛、労作性頭痛、症候性頭痛などあり中には鍼灸治療不適応で、すぐ脳神経外科や神経内科を受診しなければいけないものもある。しかし筋緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛は鍼灸単独でも医師の治療と併用でもいい。

今日来院された女性は5月と8月上旬に片頭痛の発作を起こしたが、二度とも1回の治療で痛みと吐き気が治まり、鍼灸の効果を実感されたそうだ。今回3回目だが朝から急に左コメカミ付近に拍動性の痛みを感じ、嘔吐して今も吐き気が止まらない状態でお見えになった。

使うツボは手足1穴づつだが、この2穴をワンセットにして効果が出るまで少し時間を置き繰り返した。2回まで効果なし。3回目で吐き気が楽になり4回目で痛みが減った。痛みが取れたら左の首筋に凝り感を訴えられた。しかし、今日はここで治療を終えた。この凝りを取ろうとすると痛みが再現する可能性があるからだ。

実際5月の治療では、同時に首のコリをとる治療を加えたら痛みが再現した。そこで今回は1日おいて首の治療をすることにした。片頭痛は単独よりも緊張型頭痛と混合していることが多く、普段から首や肩のコリを溜めないことも大切だ。




  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     帯状疱疹後神経痛に対する患部強刺激 (2020-03-27 20:47)
     顔面神経麻痺(完治まで半年と言われたが) (2020-02-10 21:50)
     延髄梗塞の後遺症 (2019-09-30 23:04)
     14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛 (2019-08-27 22:36)
     帯状疱疹後神経痛をどう防ぐか (2019-06-27 23:25)
     むずむず脚症候群とぎっくり腰 (2019-03-29 23:37)

    この記事へのコメント
    ご無沙汰しております。
    御茶ノ水時代には長きに渡り大変にお世話になりました。感謝しております。私の偏頭痛、針灸治療をしなくなってから悪化してしまい、今ではトリプタン系の薬を月10錠も服用してしまっています。つまりは月に10回は偏頭痛が起きているということ。針灸でスッキリしたいと痛切に感じています。でも三島からでは遠すぎる・・・。
    Posted by 御茶ノ水の患者 at 2010年09月09日 20:36
    月10回は大変ですね。薬を使いすぎるとかえって頭痛が起きやすくなることがあります。一度休みの時に奥さん同伴でいらっしゃれば、自宅で出来るよう指導します。基本を覚えれば後はその都度連絡していただき適切なツボを教えます。1ヶ月集中して自宅治療してみると効果がでると思います。8月でお茶の水は辞めました。
    Posted by へんせきへんせき at 2010年09月09日 22:17
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    片頭痛の鍼灸治療
      コメント(2)