たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2019年09月30日

延髄梗塞の後遺症

50歳代薬局経営の男性。今年5月誕生会の会食があった。その途中から倦怠感と喉の詰まり感を感じていたが元来酒好きで飲みすぎたのだろうと軽く考えていた。帰宅してそのまま布団に入った。翌朝起き上がろうとして倒れた。手足に力が入らない。救急車で大学病院に搬送された。

1ヶ月入院の後リハビリ専門病院に転院して2か月リハビリを続けた。STの指導で嚥下困難が改善され普通食を食べられるようになった。声帯が半分機能していないが声も会話も問題ない。PT,OTの指導で歩行、平衡感覚が改善した。

手足に麻痺はなくゆっくりとしたジョギングはできる。現在困っていることは①右顔面の痺れ感、時々激痛が走る ②右口腔内が少し痺れ右半分が味を感じない ③右半身温に温度感覚が低下(例えばお風呂の熱さが分からない)など。医者からは痺れ感や温度感覚は戻らないと言われ病院ではこれ以上することはないと言われた。

現在降圧剤、高脂血症薬、糖尿病薬、ビタミン剤を服用して朝五千歩、夕方一万歩のウォーキングとスポーツジムで自転車や軽い筋トレを週1~2回やっている。

担当のSTさんの紹介で来院された。元通りによくなるとは言えないが、今の症状に何か変化があるか様子を見ながらしばらく治療してみることにした。治療は右手足の井穴刺絡と頭部刺絡をメインに指先端のお灸、眼窩鍼、温熱治療などを週2回のペースで8回やった。

現在の状況は顔痺れが目の周りだけに狭まって激痛はほとんど起こらなくなった。手足の温度感覚はもとに戻らないが少し軽くなってる実感はあるそうだ。あと治療開始前は体のふらつき感を感じていたがそれも軽くなったと喜んでいる。来月から2か月目の治療に入るが少しよくなってきてずっと止めていた酒を時々飲むようになった。

時々適量はいいと思うが酒好きな人はこちらが思う適量で止めることはできないようだ。その理由が私にはいまいち理解できない。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
  

  • Posted by へんせき at 23:04Comments(0)脳・精神・神経