たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2019年01月31日

井穴刺絡と石黒式温熱療法(3個のがんが消えた)

80歳の男性。昨年脳梗塞のリハビリ中に下血して結腸と直腸にがんが見つかった。全身の検査をしたところ喉頭がん、食道がん、胃がんも発見された。大腸がんは緊急に手術され人工肛門ところなった。

他のがんは転移ではなく原発がんで手術や放射線で治療可能な状態だったがご本人は医者の提案を断り負担の少ない治療を望まれ井穴刺絡治療を受けたいとのことで来院された。

二か月治療したところで検査を受け、喉頭がんと食道がんは現状維持、胃がんは少し大きくなった。そこで石黒式の温熱治療をやっている知人の鍼灸師に温熱治療を併用してもらうようにした。

井穴刺絡は消化器と呼吸器の交感神経抑制と全身の交感神経の抑制さらに脳梗塞の治療に頭部刺絡をやった。温熱治療は治療マニュアルに沿って転移を予防しながら反応点に集中的に注熱した。併用治療を始めて1か月後、患者さんは海外の家族のもとへ引っ越された。

患者さんには治療道具を購入してもらい毎日やっていただくことにした。3ヶ月経って人工肛門の再手術のため全身の検査をしたところ三つのがんが消えていたと連絡があった。

にわかには信じ難かったが画像上見えなくなっているようだ。一般的にがん治療は三大治療の標準治療を受けることになるが、年齢、体力、副作用、期待される効果、家族の思い、人生観、死生観などいろいろな要素を勘案して自分一人の治療を決めることになる。

この温熱療法は根気強く続けなければならないが治療と同時に怪しい部位の探索もできるので素晴らしい道具だと思う。開発者の石黒先生はボランティアで治療と指導をなさっているそうだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  

  • Posted by へんせき at 23:52Comments(0)

    2019年01月25日

    不眠症・睡眠剤に依存したくない

    30歳代の女性イラストレーター。11月末に風邪をひき抗生物質などの薬を飲んだ。その後寝つきが悪くなり全く眠れない日も出てきた。眠っているかもしれないが熟眠感がない。

    あまりに辛いので12月末に睡眠薬を処方してもらったが薬が合わずに中止した。1月半ば別の薬に変えたところ飲めば眠れるようになった。しかし飲まないと目をつぶっていても意識がある状態で眠れない。このまま薬を飲み続けると依存症になるようで出来れば薬に頼らずに眠れるようになりたいとのことで来院された。

    経緯を聞くと風邪の時飲んだ薬が神経を異常興奮させ不眠になったと思われる。異常興奮しているのは副交感神経ではないか?血圧を測ると98/72mmHgと低い。H1井穴刺絡で呼吸が楽になり深く入るようになった。体質的に弱いところを聞くと子宮が弱いという。また仕事柄目を酷使するので目が疲れるという。

    腹診をしてから三陰交にハペパッチを貼り、後頭部玉枕を刺絡すると目が楽になる。その後本命のH5F5井穴刺絡をして治療終了する。体全体がリラックスしてきた。

    翌日電話があり、昨夜は10時ごろ布団に入りすぐに寝付けた。夜中2回ほど目が覚めたがすぐに寝付け起床時には熟眠感があったとのこと。まだ小さい子供がいて子供を寝かせつけた後仕事をしていて遅いと午前2時くらいまで起きているそうだ。これを機に生活リズムを見直すようにすることをお勧めした。


    にほんブログ村



      

  • Posted by へんせき at 22:53Comments(0)脳・精神・神経

    2019年01月23日

    白内障・緑内障・尿管結石・高脂血症・糖尿予備軍などで体調不良

    商社に勤務している50歳代後半の男性。身長170㎝体重85kgと肥満体系、仕事で相当なストレスを抱えている。腰が痛くて目の調子が悪いということで私の後輩の鍼灸師の治療を受けた。

    後輩が3回治療したが効果がいまいちなので診て欲しいと患者さんを連れてきた。お話を聞くといろいろな病気をお持ちでこんな状態でよく多忙な仕事をこなしていると感心した。眼科には毎月通院して点眼薬処方、内科ではスタチンとPPIを処方され、血糖値がもう少し上がると薬が出される状態。12月から今月にかけて血尿が3~4回出たが過去3回尿管結石があり、今回も同じだろうと自己診断している。

    また大腸ポリープができやすい体質で毎年4~5個この5年間で20個以上切除している。運動は全くしてなく酒を2日に1回中ジョッキー2~3杯ワインをボトル半分飲んでいる。

    生活習慣は徐々に改めるしかないが今一番つらい症状(目の疲れと腰の痛み)を対象に治療した。目の症状はH5F5井穴刺絡で視界が明るくなったのでもう1回繰り返す。後頭部の刺絡をするとクッキリ見えるようになり鍼は即効性があると喜ばれた。腰は右の側屈で右腰に鈍痛が出る。

    背中を叩くと右側に響く。尿路結石もありそうなのでF3井穴刺絡をしてその後F5井穴刺絡で痛みは半減する。百会とその右側の頭部刺絡をするとさらによくなった。数日様子を見てもう一度来てもらうことにした。


    にほんブログ村

      

  • Posted by へんせき at 23:33Comments(0)生活習慣病

    2019年01月13日

    背中が痛い 腹横筋の痛みか?

    60歳自営業の男性。奥さんの紹介で来られた。12月下旬から背中(腎臓の裏位の部位)が痛くなった。痛くなるのは長時間椅子に座っているときや高いところのものを取ろうとしたときなどでじっとしていればそれほどでない。安心のためコルセットをしている。

    何かのきっかけで痛くなったのではないので内臓からの背部痛を疑ったが腹診をしても特に圧痛はない。患者さん曰く、11月に前立腺がんが見つかりその検査で内臓はすべて検査したが異常はなかった。

    動診をすると前屈で背中に突っ張りを感じる。この2ヶ月で体重が4kg増加したとのことなので体幹部のインナーマッスルが弱っているのかと思い仰臥位で息を吐きながらお臍を背中にくっ付けるような動作をしてもらうと背中に激痛の痛みが出た。

    治療はF4井穴刺絡をすると背中のツッパリ感が取れた。次に百会の刺絡で体幹部を締める動作での痛みが半減した。この患者さんは42歳の時高血圧で倒れ入院(その時の血圧280/180mmHg)、それから7年後に腎臓移植を受け現在も免疫抑制剤や降圧剤など7種類の薬を飲んでいる。

    前立腺は悪性度が低いものの手術を勧められているそうだ。F3を2回刺絡してH6の井穴刺絡。最後に腎兪にお灸をして治療終了する。体の重苦しさも取れて楽になったと喜ばれた。


    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:27Comments(0)運動器疾患