たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年07月20日

サイクリストを悩ます障害

サイクリストを悩ます障害自転車に乗っていて傷めやすい部位は、前記のの他に手首、首、腰、前立腺などがある。

サイクリングで使用する自転車は主に、クロスバイクロードレーサーだ。クロスバイクはハンドルが一本棒のフラットバーがほとんどで、握る位置が一ヶ所に限定される。すると上半身の体重が手掌の手首側にかかり内部を走行している正中神経を圧迫し、手掌や指に痺れや感覚異常が生じる。

はり治療を行うと直後効果は乏しいが1~2ヶ月で快方に向かう。この障害は個人の先天的な神経構造に依るところが大きいように感じている。治療を始めたら症状が消えるまで自転車を控え、再開するときはハンドルをライザーバーにしてバーエンドバーを取り付けたり、マルチポジションバーに取り替える改造をすると再発を防げる。

ドロップハンドルのロードレーサーでは正中神経の障害は少ないが、前傾姿勢がきつくなるので前を見るためには首を上げなければならず、頚椎の老化や筋力の低下があれば首、肩、背中、腕に痛みや痺れを感じる。若い人では問題ないが中高年になると首の障害の為ロードレーサーをあきらめる人も出てくる。

こちらの障害は鍼灸治療筋トレで改善することが多いので試して欲しい。治療は変形性頚椎症の治療に準じて行っているが、治療ポイントが後頭部から後頚部への移行部付近にあることが多い。また腕の使い方が悪かったりポジション決めに問題があることもあるのでチェックが必要だ。

自転車は足だけ使うスポーツのように見えるが、腕や上半身を思った以上に使うので全身の筋力バランスを整え、乗車前後には中高年ほどストレッチで体をほぐして欲しい。円皮鍼をポイントに貼って走ると疲労が軽減されることはよく経験するのでこれも試して欲しい。
腰の痛みは前屈する動作でどこに痛みが出るかを調べ、膀胱経か督脈。前立腺圧迫の対策はサドルの材質、形状、パット入りパンツやセッティングで対応するが鬱血がひどい時には鍼治療で楽になる。


たんぽぽ針灸院は7月18日から7月25日まで夏季休暇です。

7月26日から通常診療します。よろしくお願いします。


  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     足を着くとかかとが痛い(足底筋膜炎?) (2020-01-23 23:58)
     テニス肘と腰痛 (2020-01-16 00:06)
     肩が痛くて腕が上がらない(石灰沈着性腱板炎) (2020-01-11 23:45)
     頚椎症 首が痛くて動かせない (2019-03-13 00:14)
     頭部刺絡が著効した腰痛 (2019-03-05 23:45)
     冷えと重いバッグで肩の不調 (2019-02-10 22:35)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    サイクリストを悩ます障害
      コメント(0)