たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2016年07月27日

卵巣がん手術後の足の浮腫み(リンパ浮腫)

8年前に卵巣がんのため子宮、卵巣全摘手術をした70歳代の女性。半年ほど前から右足が腫れてきたとのことで来院された。手術でがんをすべて取り除くことが出来ず、手術直後から抗がん剤を使っている。

病院では浮腫みに対しては抗血栓薬と弾性ストッキングの治療をしている。薬は抗がん剤を始め二つの病院で13種類処方されている。右足は足首から大腿部まで反対側より二回りほど腫れている。熱感はない。足の重だるさもあると言う。腹部を診ると下腹部に腹膜への転移と思われる硬いしこりを触れる。

リンパ浮腫の可能性があり、そうなら患部への鍼や刺絡は避けた方がいいので、治療は左のF3F4井穴刺絡、両手のH3H6井穴刺絡と百会の刺絡。右足はハペパッチ4枚を貼る。腹部のしこりは変化しないが、右足は重だるさがとれ歩くのが楽になったと言う。

リンパ浮腫なら特殊なマッサージがあるので病院で紹介してもらうようにお話しして最初の治療を終了する。


にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 19:54Comments(0)