たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年11月22日

過剰なマッサージによる首痛

昨日の夜から首が痛くなり今日起きると上下、左右どちらにも痛くて動かせない。何とかして欲しいと言って78歳の女性が来院された。何か原因として思い当たることはないかお尋ねすると、「昨日美容室に行って首肩をマッサージしてもらった。凝っていると言われいつもより強めに丁寧にやってもらった。その時は気持ちがよかったが、やりすぎたのかもしれない」と仰る。

痛い場所は肩上部の僧帽筋、耳の下の胸鎖乳突筋の付け根部で両側ともほんの少しの首の動きで痛み、ほとんど動かせない。しびれはない。このままでは目薬は点せないし、お茶も飲めない、歩くのも首に振動が伝わらないようゆっくりでとても辛そうである。

このような急性の筋筋膜性の痛みに対しては痛いところに深く鍼を刺すことは禁忌で、なるべく遠隔治療で局所を治療するなら円皮針、ソマ、糸状灸がいい。手の陽経末端部の刺激で左右に20度くらい動くようになった。次に百会の刺絡をしたら少し悪くなった。肩甲間部の圧痛点を圧迫すると痛みが少し減る。そこに円皮針。首の後屈はあまり改善していないが初回はここで終了して翌日2回目の治療をした。

昨日の痛みを10とすると今日は7。左右は20度くらいで昨日から悪化していない。後屈は昨日よりほんの少し改善しているが、まだ目薬は無理。今日は先ず指と細い棒で首と肩を軽く押しながら痛みやコリのあるポイントを探してそこが首の動作時痛と関係あるか調べた。5ヶ所に太さ0.14mmの細い鍼を約2mm刺して5分ほど置き、首を動かしてもらうと後屈が幾らか改善して棚の上の時計を見ることができるようになる。しかしまだ目薬はさせない。

次に腰を調べた。座位でマッサージをしているので腰にも負担がかかった可能性があると考えた。仙骨の上に2ヶ所圧痛点を認めた。そこを軽く押して首を後屈すると先ほどよりずっとよくなっている。そこには約5mm刺鍼して首を動くところまで後屈させる運動鍼を行なう。目薬をさせるくらいまで動くようになっている。左右も可動域が広がり患者さんは嬉しそうである。2回目の治療はここまでにしてもう1回明日来ていただくことにした。あと一回治療すればもとのようになると思う。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     交通事故後遺症による腕のだるさと指先のしびれ (2017-12-09 22:50)
     フラダンスの特訓で股関節痛 (2017-11-01 23:14)
     肩の痛みと肘の痛み (2017-08-14 19:45)
     整形外科で匙を投げられた臀部と下肢痛 (2017-07-27 00:04)
     寝違いで首が痛いと思ったが (2017-06-29 19:16)
     五十肩?2年以上続く肩の痛み (2017-06-16 22:11)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    過剰なマッサージによる首痛
      コメント(0)