たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年09月28日

慢性前立腺炎による会陰部灼熱感と手足のほてり

56歳会社員。50歳頃に会陰部の鈍痛を感じ泌尿器科を受診した。細菌性ではない前立腺のむくみによる慢性前立腺炎と診断され生薬製剤、α1受容体拮抗薬、漢方薬などの治療を受け1年半前からはハルナールとアボルブを処方されている。

今の症状は会陰部の鈍痛と熱感、手掌と足裏のほてり。坐業が続いたりお酒を飲むと明らかに悪化する。夜間排尿は1~2回。日中の頻尿は気にならない。仕事は事務職で円座クッションが手放せないと言う。1週間後に海外旅行を控え片道12時間の飛行機が不安で奥様の勧めで来院された。他に痛風と逆流性食道炎の薬を飲んでいる。

非細菌性慢性前立腺炎の症状は多彩で確立された治療法はなく緩解、増悪を繰り返し治療が長期に及ぶことも珍しくない。鍼灸治療でも治療効果には個人差が大きく割と短期間に症状が落ち着くこともあれば、手を焼くこともある。

この症例では1回の治療で症状がほとんどなくなったので、治療手順を報告する。F3→F2→F4井穴刺絡と百会刺絡。これで70%よくなる。次に仙骨部に陰部神経を目標にEAPと曲泉に灸5壮。これで手足のほてりと会陰部の鈍痛もほとんどなくなった。こんなにスッーと症状が取れることも珍しい。

またぶり返すかもしれないがこの治療で効いたので出来れば数回連続して治療を続け症状が戻らないようにすることが望ましい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:45Comments(0)泌尿・生殖器

    2014年09月26日

    屈伸運動の後痛くなった膝関節

    3年ぶりに左膝痛で来られた36歳主婦。3年前も膝痛だったが、その時はサンダル履きで階段を3階駆け上った後平地を50メートルダッシュしてその夜から膝が痛みだした。整形外科と整骨院各2ヶ所で4ヶ月治療したがよくならず当院を受診された。

    今回はこじらせないように痛くなった翌日に来院された。痛くなった経緯は昨日硬めのジーンズをはいて買い物に行き、スーパーで2~3回しゃがんだり立ったりしたその後から左膝が痛くなった。現在膝の前、内側にジーンとした違和感があり歩くとズキズキした痛み特に階段の昇りで痛む。

    左膝に腫れや熱感はなく圧痛もない。膝に明らかな外傷を受けたわけではないので治療部位は膝ではない。足首から下の圧痛点を探すと足の裏指の付け根3ヶ所と足の甲側指の股2ヶ所に顕著な圧痛。0.6mmパイオネックスを貼り階段を10段ほど昇って痛みを確認すると70%よくなっている。

    次に左F1F2F6井穴刺絡の後もういちど階段で確認してもらうと痛みはないと言う。歩いての痛みはなくなったが膝の周りのジーンとした感じがまだ残っていると言うので左完骨に鍼を刺しベットに腰かけて膝をしばらくぶらぶらさせる運動鍼をしたらこれも半分ほどに軽くなった。治療はここまでにしてこのままよくなるのか、痛みがぶり返すのか1~2日様子を見ていただくことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:35Comments(0)運動器疾患

    2014年09月23日

    ピロリ菌除菌・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア

    30歳パート勤務の女性。4月末くらいから腸がもたれ張りを感じ、胃腸機能調整薬を処方されていたが2週間程して胃痛が起こり検査の結果ピロリ菌感染があるので1週間の除菌治療を受けた。薬を飲み終わって3~4日して咽喉に何か液体が上がってくるようになった。

    医者は1か月後の除菌判定まではPPIは使えないのでH2ブロッカーを処方した。1か月後除菌は成功して内視鏡検査で軽い逆流性食道炎(LA分類でm)を認めPPIを処方した。薬が効いたのか2週間ほどは調子がよかったが8月中旬からまた症状がぶり返した。薬は別のPPIに変わった。1ヶ月ほど服薬したが改善しないので1週間前から機能性ディスペプシアの薬アコファイドが追加された。

    他に会社でストレスがかかることがあり7月から心療内科で安定剤をもらっている。現在の胃腸の症状は1日3~4回心窩部にズキズキとした痛み(1回10秒~15分)を感じ、数回咽喉に液体が上がってくる。一度寝てしまうと朝まで症状は感じない。

    腹診をすると心窩部と右季肋部に圧痛がある。またお臍の少し上にピンポン玉くらいの固まりを感じる。治療は圧痛を目標に右F2左F1F6井穴刺絡。百会と百会の前2㎝の頭部刺絡。ピロリ菌除菌で胃酸が出過ぎていることも考えH5F5井穴刺絡。補助治療として下腿の胃経脾経の圧痛点に施灸3壮、背部の胃の六つ灸で終了。

    2~3日様子を見てこの治療で効いている感じがすればあまり間隔を空けずに数回続けることと効くツボがはっきりすれば自宅で治療すると効果的であることをお話しした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:19Comments(0)胃腸・消化器

    2014年09月15日

    小児アトピー性皮膚炎とおねしょ

    5歳男児。3年前の東日本大震災の数日後、顔が真赤に腫れ皮膚科から小児科に回された。急激なアレルギー反応が起こっていると言われアトピー性皮膚炎と診断されステロイド剤による治療を受けた。半年ほど治療したがステロイドを使うと中耳炎を起こし止めるとよくなるを何度か繰り返した。

    皮膚の症状はいまいちよくならないので何軒か病院を変えたが、子供は薬に対して敏感、副作用が出て標準的治療が出来ず今は漢方薬と保湿剤、抗ヒスタミン剤で治療をしている。漢方薬も合わないと副作用がでる。

    食べ物は卵、乳製品、小麦、油ものに反応する。最近時々微熱があり、走ったりすると喘息のようなゼーゼーとする呼吸音がする。薬は抗ヒスタミン剤、去痰剤、咳止め、気管支拡張剤、と喘息を想像させる薬が出されている。

    現在のアトピー症状は皮膚の乾燥と痒み、痒みのためにイライラや不安があると言う。刺絡治療を希望しての来院で、子供も受けることに納得しているとのことなので最初から井穴刺絡をすることにした。両腕を掻いているのでこの痒みがよくなるか教えてねと言って治療を始める。痛みはほとんどないので納得していれば子供でも十分治療できる。

    自宅治療をするとのことなのでお母さんに教えながらF5→H5井穴刺絡で腕の痒みが取れた。左足の親指が痒いと言うので左F2井穴刺絡。お灸を志室、陽池、解谿。咳が気になるようならH1を追加するようにして1週間続けてもらう。

    この子の2歳上のお姉ちゃんが週に2~3回おねしょをすると言う。今日は時間がないので治療は来週にして、自宅でH5F5井穴刺絡と下腹部と腰部各1か所に灸点を付け同時に足湯を勧める。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 19:55Comments(0)小児・婦人科皮膚疾患

    2014年09月07日

    掌蹠膿疱症と首の痛み

    37歳女性会社員。1週間前から右の首から肩上部が痛くなった。寝違えたような痛みで左への振り向きと左側屈で痛くなる。2年前から掌蹠膿疱症を患っていて皮膚科で治療中とのこと。

    掌蹠膿疱症では鎖骨、胸骨、肋骨の関節や脊椎の関節に痛みや骨化症を起こすことが多いので首の痛みはこれが原因ではないかと思ったが、動診や圧痛点を調べてみて筋肉の問題と判断した。予想通り右H6H5井穴刺絡、巨刺、百会の刺絡で痛みは取れた。

    手掌、足底は現在膿疱は出ていないが、皮膚がガサガサと荒れて痛々しい。今の治療はビオチン療法と局所に外用ステロイド剤を使用している。扁桃腺に異常はなく摘出はしていない。発症時の生活状態は仕事が忙しく、結婚、転居などで疲れやストレスが多かったそうだ。

    副交感神経亢進の病気なので誘因を聞いてみると①甘いもの、間食 ②飲酒(週3回、ビールジョッキ2~3杯と焼酎ロックで5~6杯) ③たばこ(1日10本)など該当するものが多い。体型は170㎝ 83kgとやや肥満気味も血圧は100/70mmHgと低い。掌蹠膿疱症に対してはH5F5井穴刺絡。

    しかし今の生活では治療してもざるで水をすくうのと同じなので、上記誘因をどう改善するかまた運動不足をどう解消するかよく考えて1週間後にもう一度来院していただくことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 15:00Comments(0)運動器疾患