たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年07月20日

踵の痛み・足底腱膜炎に井穴刺絡とハペパッチ

半年間休職していて今年4月から職場復帰された60歳の看護師さん。復職した頃から起床時に右の踵が痛むようになった。右足をかばっていたせいか4月中旬に左膝内側痛が出現。右足踵痛はだんだん悪化してして起床時だけでなく普段の歩行時にも痛くなり、5月末には左の踵も痛くなった。

整形外科で膝、踵を診てもらったがレントゲン検査では異常なく、整形で出来ることは鎮痛剤、足底板作成、ストレッチと言われた。足底板は作ったが合わず今再制作中、鎮痛剤はあまり効かない。6月に入り近所の鍼灸院で6回治療するも痛みが緩和せず、最近は痛みが出ることに恐怖感を感じて家族からは仕事を止めるように言われているとのこと。

痛みが強い右足から治療する。先ず圧痛点の探索。かかと、親指の腹側、付け根、内踝の斜め下、足の甲に圧痛がある。右F3井穴刺絡をして歩いてもらうと少しいい。再度圧痛点を確認してハペパッチをかかとに2枚貼る。さらに親指、内踝とハペパッチを貼ると歩いての痛みが減り足の甲に4個パイオネックスを貼るとほとんど痛みがなくなり、左足裏の痛みが気になりだす。

左F3井穴刺絡とかかとの圧痛点にハペパッチを貼ると左右差がなくなり痛みを気にせず歩ける。三ヶ月も続いている痛みがほとんどなくなったので信じられないと言う。仕事に復帰したときサンダルを履いていたが、足に悪いと思い今はスニーカーに履き替えているそうだ。これで様子を見てもらうことにした。

翌日電話があり、治療後三時間ほど痛みがなく普通に歩けたがその後少しずつ痛くなり朝はまたもとに戻ったようだ。急性期に痛みの治療が上手く行かず慢性痛になって痛みの神経回路が歪みもとに戻りにくくなっていると思われるので治療間隔を空けずに数回続けて治療することを勧めた。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  

  • Posted by へんせき at 20:41Comments(0)運動器疾患

    2015年07月15日

    ゴルフ後の腰痛 井穴刺絡で即効

    72歳男性会社員、ゴルフが唯一の趣味で毎週1回コースに出ている。二週間前ゴルフから帰って腰が痛くなった。腰は元々悪く五年前にぎっくり腰を起こし検査したところ椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症と診断されそれから痛みが出ると鎮痛剤を飲み、運動時には腰に簡易コルセットを使用している。

    今度のゴルフではコルセットを忘れてプレイした。それが原因ではないかと言う。今は歩くのは大丈夫だが前かがみの姿勢が辛いとのこと。前屈で右の腰に痛みが出る。右F4の井穴刺絡をして確認のため再度前屈させると「アレッ、痛くない。変だな、さっきまで痛かったのに」と言いながら何度も前屈してみるが痛くない。

    この患者さんは鍼灸治療の経験はなく、同僚の紹介で来院されたのだが体調不良で会社を辞めると言っていた同僚が2回の治療で元気になったのを見て早くゴルフをしたいとの思いで鍼をする気になったそうだ。

    この症例のように井穴刺絡がぴたりと当たった時は魔法のようですねと言われる。時間が余ったので虫垂炎手術跡や足指などの圧痛点を捜しさらに改善するか調べた。右足1指の腹側外の付け根に圧痛点がありここにハペパッチを貼り治療終了。コルセットをずっとしていることで腹筋が弱り背筋が固くなっているのでこれを解決しないとまた再発すると思われる。


    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村
      

  • Posted by へんせき at 21:47Comments(0)運動器疾患