たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2017年06月29日

寝違いで首が痛いと思ったが

30歳代の女性。昨日起床時に右首から背中が痛く寝違いをしたと思った。寝違いに効くストレッチをやってみたがよくならず、夜になると座っていても寝ていても痛い状況になり湿布を貼って寝た。

今朝になっても痛みが軽くなってないので来院された。今まで鍼治療の経験はない。首の前後屈、側屈、左右振り向きいずれの動作でも右の首の付け根ツボでいえば肩外兪付近に痛みが出る。胸鎖乳突筋は痛くない。普通の寝違いではなく首の筋肉の問題だと思われる。

タバコを吸うのでH1井穴刺絡をすると空気が深く入る。痛みの治療でH6、H5、H4と刺絡をすると首の後屈以外は楽になる。F1、F6井穴刺絡で楽になるがまだ少し痛い。パソコン作業で目が疲れるので後頭部の刺絡をして最後に百会の刺絡で痛みはほぼ気にならなくなった。

生理痛が重いというので次は生理の2~3日前に来院するようにして治療終了。タバコは過去に禁煙治療薬を処方されて治療したが失敗したとのこと。鍼治療でいい方法はないかとお尋ねがあった。


にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 19:16Comments(0)運動器疾患

    2017年06月21日

    急な回転性めまい・メニエール病?

    月に2回定期的に治療している40歳代の主婦。昨日もいつものように治療を終えお茶を飲んでさーあ帰ろうとしたところめまいがすると言って椅子に座り込んだ。グルグルと回転性のめまいが始まり動けなくなった。

    時々ふわふわする浮遊性のめまいは経験しているが、回転性のめまいは初めてのこと。浮遊性のめまいはいつもすぐに治まるので今回のめまいもしばらくすると治るだろうと椅子に座り静かにしていたが、一向に治まらない。

    呼吸が少し早いので血圧を測ってみると130/100mmHgといつもの血圧110/70よりだいぶ上昇して脈拍は105。動悸も感じるという。耳の詰まりも少し感じるというのでF3F4H6の井穴刺絡をした。つまり感はよくなったがめまい、血圧、脈拍は変化ない。

    1時間経ってもめまい、血圧、動悸は治まらない。これだけひどいめまいだが吐き気や聞こえの悪さは訴えない。2時間たったが治まる気配がないので近所の耳鼻科に連れていくことにして何の病気か考えてみた

    風邪を引いた後でもなく吐き気もないので前庭神経炎ではない。2時間以上続く良性発作性頭位めまいはない。低音障害型難聴はひどいめまいはない。片方の聞こえが悪いわけでもないので突発性難聴でもない。吐き気や難聴はないがメニエール病ではないかと思った。

    聴力検査では低音域が少し落ちて、眼振も起こっていた。医者は確定診断はできないので酔い止めの薬と循環改善薬を処方して、自宅近くの耳鼻科に明日行くように指示した。なんとも頼りない応対だった。

    自宅近くの耳鼻科を今日受診して一番疑わしいのはメニエール病だが中枢性の病気を除外するためにすぐに大きな病院を紹介された。そこで一応メニエール病の薬が処方され諸検査をすることになった。今日はふわふわ感はあるが回転性のめまいはなく血圧脈拍は正常とのこと。


    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 21:32Comments(0)感覚器疾患

    2017年06月16日

    五十肩?2年以上続く肩の痛み

    左肩の痛みで70歳代の男性が来られた。痛みは2年以上前からだがどういう経緯で痛くなったかよく覚えていないという。整形外科を2か所受診して現在もリハビリをしているが効果を感じられない。

    じっとしていると痛くないが前方、側方90度を越えると痛みが出る。おしりのポケットに手を入れる動作(結帯動作)が痛く、左肩を下にして寝るとしばらくして痛くなる。

    井穴刺絡をすると左H1H6で前方挙上の可動域が広がり痛みが軽くなる。合谷付近に圧痛点があるのでこれにパイオネックスを貼るとさらによくなる。

    後頚部、側頚部の筋緊張が強いのでEAPで緩め、百会の刺絡をすると首がスムーズに回るようになる。

    痛みは即効的に取れても固まった肩関節を緩めるには毎日のリハビリが欠かせないので3種類の五十肩体操を指導して治療終了する。


    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:11Comments(0)運動器疾患

    2017年06月01日

    不調の原因は降圧薬の効きすぎか?

    たんぽぽ針灸院のすぐ近所にお勤めの女性が同居している母親を診てほしいと昼休みに来られた。いろいろ不調はあるが体全体がどうなのか今受けている医療が合っているのかなどを相談したいとのこと。

    二日後半休をとり母親を連れてこられた。問診表を書いてもらうと辛いことは①右の腰が痛い②便秘③頭痛もち④夜間頻尿⑤貧血?立ち上がるとフワーとする。

    既往歴や通院歴は2003年心房細動不整脈、現在2か月ごとに通院。2005年甲状腺がん手術、半年に1回通院。2007年低ナトリウム血症で入院、現在も2か月に1回血液検査で通院。2013年右肩右手首を骨折。

    現在大学病院の腎臓内科と循環器科に通院して検査や投薬を受けている。処方されている薬はビタミンD3製剤、大腸刺激性下剤、抗不整脈薬、降圧薬、抗凝固薬。血圧手帳を見ると朝が110~125/70~85mmHg、夜90~110/50~70mmHg。77歳の女性としては低すぎる本当に降圧薬がいるのだろうか?

    今日の体調を聞くと割といいと言う。血圧を測ると127/84mmHg。腰は掃除機をかけたり台所仕事で痛くなり腰を伸ばすと楽になる。以前車にぶつけられ転倒して腰を打ったことがある。便通は毎日薬を飲んでいるが2~3日に1回。食欲はあり3回している。夜は11時に寝て2時4時6時とトイレに起きる。

    お腹を診るとお臍の少し下と恥骨の脇に圧痛がある。便秘と頻尿の反応か、靴下の痕もあるのでF3と左F1F6井穴刺絡。心臓の問題があるのでH3→H1井穴刺絡で呼吸が深くなる。今腰はあまり痛くないそうだが歩くと少し前かがみになる。                         
                                                                                           血圧が低すぎるのと思われるのでH5F5井穴刺絡をして血圧測定すると158/92mmHg。気分がいいという。

    娘さんに次回通院時は同行して血圧手帳を見せ薬の必要性を聞いてみるように、また便秘の薬は習慣になりにくい新しい薬も出ているのでその適応なども聞いてみるようにお話しして治療終了。


    にほんブログ村
      

  • Posted by へんせき at 23:43Comments(0)不定愁訴・体調管理