たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年11月30日

出産後の腰背中の痛みに井穴刺絡とコアヌードル

35歳主婦。二か月前に第一子を出産してなれない子供の世話中心の毎日を送っている。床に寝かせている赤ん坊を抱えようとしてTh10からL4の間やや右側を痛めた。前屈、後屈、腰のひねりどれでも痛みが出る。起床時ふとんから起き上がるのに数分かかるとのこと。

他に助産院で入院中に右足の付け根(恥骨部)が痛くなり今も右足を踏み込むと痛みが出る。治療は先ず患部の反対側に巨刺4ヶ所。足指、アキレス腱付着部の圧痛点で痛みが変化するところにパイオネックスを貼る。井穴刺絡はF4→F2→F5。40%ほどよくなる。

二日後2回目の治療で頭部の鍼と刺絡を追加する。さらに二日後、患部に軽いEAPと痛い姿勢をさせてのパイオネックスを試す。初診から10日後痛みも70%くらい楽になったので布団干しをしたらまたギクッとなった。これも2回の治療でよくなりかけた時、お風呂掃除でまた痛めた。

何度も繰り返すのは前かがみの姿勢が多いのと慢性的な背中や腰の筋緊張、関節可動域が小さくなっていることなどが考えらえる。ご本人も出産前はバレーなどの運動をしていて体もとても柔らかかったが今は前屈しても指先が床に届かないくらい固くなっているそうだ。

コアヌードルを試してみることにした。特別なエクササイズはせずにただ寝るだけを一週間やってもらったところ寝起きや歩行が大分スムーズにできるようになった。コアヌードルは筋緊張をとるセルフケアにただ寝てるだけで効果のでるので体が硬い人は試してみる価値は充分ある。似た用具にストレッチポールがあるがコアヌードルの方が安定感があり使いやすい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 17:57Comments(0)運動器疾患

    2014年11月20日

    親子サッカーで肩と首を痛めたお母さん

    小学生5年の息子が入っているサッカークラブで親子サッカー大会に出たお母さん。走らなくていいのでキーパーをしたが、強いシュートを受けそこない右肩を痛めた。学生時代バレーボールをやっていたせいか、見逃せばいいのに右手を伸ばしボールをはじこうとしたらボールの勢いに押され右腕を後ろに持っていかれた。

    発症は昨年12月、整形外科を3件まわりリハビリ(インナーマッスルの強化)やブロック注射などをしてきた。リハビリは2ヶ月続けたがまったく効かず、ブロック注射は7日~10日は幾らか楽になるが元に戻る。右を下にして寝ることは出来ない。

    受診3日前の夕方、いつもと違う痛みを右肩、右首、右肩甲骨内縁、右鎖骨付近に感じインドメタシンの湿布を貼っていたが痛みが引かず首を動かすのも辛いので鍼灸を試してみようと思い来院された。

    先ず肩の動診では屈曲、外転では90度くらいで痛みが出る。左肩に手掌を乗せられるが肘を挙げようとすると痛い。結髪は可だが結帯は不可。五十肩のような感じもする。首を右に振り向けると右頚部と側頚部に痛み、肩甲骨内縁に鈍痛が走る。腹部に盲腸と帝王切開の手術痕、ここに圧痛点各2個と4個。

    右H6の井穴刺絡で右振り向きでの痛みが半減する。右H5H4井穴刺絡で首の動きさらによくなる。肩も120度くらいまで挙がるようになるが肩甲骨内縁の鈍痛は変わらない。左側に巨刺をして疼痛部にハペパッチを試してみる。百会の刺絡で首の回転(前側)がスムーズになる。首肩とは別に台所などに立っているとひだり鼠径部が重くなると言うので腹部手術跡の圧痛点にパイオネックスを貼る。

    明日は友人と高尾山ハイキングの予定で断ろうかと思っていたが今の状態なら行けそうだと喜んでお帰りになった。二日後もう一度来ていただくことにした。(患者さんの質問 指先から血を出してどうして痛みが軽くなるのですか)

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 20:39Comments(0)運動器疾患

    2014年11月12日

    潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡

    潰瘍性大腸炎の高校一年女子を3日続けて治療した。中学一年の冬に発症、4ヶ月入院してステロイドを中心の治療を受けその後は月に1回の通院でアサコール、アザニン他2種類の薬を飲んでいた。タイプは前腸型。

    軟便など症状は少し残るものの普通に通学は出来ていたが、今年6月知人の勧めで病院の薬を止めてサプリメントの自然療法に切り替えた。すると症状が急に悪化し38℃~39℃の発熱、下肢全体に紅斑、体重減少(10kg)、腹痛下痢、抜け毛が50日ほど続いた。その間もサプリは飲み続けていた。9月末ごろには上記症状は落ち着き体重も増え学校に行き始めた。この病気は増悪緩解を繰り返しやすい。

    10月中旬にサプリを切らし飲まずにいたら3週間ほどで症状悪化、腹痛、吐き気、水様便、関節痛、食欲不振、体重減少などがひどく学校も行けなくなった。鍼灸の経験はないが本人の要望で来院された。

    お腹は全体的に硬くあちこち圧痛がある。冷え性で足が冷たく先ず足湯をしてからF1F6F4井穴刺絡次に副交感神経抑制のF5H5井穴刺絡。体の抵抗力を付けるために染谷灸法を参考に全身25ヶ所に八分灸各2壮。治療が終わるころには体が温かく空腹感が出てきた。

    二日目、三日目、初日に比べ顔に赤みが差し足も少し暖かくなった。排便回数や腹痛に顕著な変化はないが先ずは井穴刺絡を1クール、お灸を1ヶ月続けて症状の変化を追っていきたい。自宅ケアのやり方を習得中で早く覚えていただくと回復も早くなるだろう。薬は中止されているが経過をみるには血液検査や画像検査も必要なので医師の診察も受けるようにお話しした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村

      

  • Posted by へんせき at 22:26Comments(0)胃腸・消化器

    2014年11月10日

    たまに履いたハイヒールで腰痛

    お朝ベットから起き上がろうとしたら腰が痛くて一苦労した。会社を休み母親の勧めで来院された38歳女性。この数日腰をひねったり、中腰の仕事をしたり重いものを持ったりして腰に負担をかけた覚えはないと言う。

    昨夜寝るまでは特に異常を感じなかった。今より起床時の方が辛かった。今はゆっくりなら歩けるし前屈は痛くない。右側屈と後屈で痛みが出で歩くと右の仙骨部に鈍い痛みを感じる。思い当たることがないと言うがこの3~4日何か普段と変わったことがなかったかゆっくり思い出してもらった。

    すると2日前の夜おろしたてのハイヒールをはいてパーティーに出席したとのこと。その靴はたまに履くハイヒールより数センチ高く、そう言えばパーティーの途中少し腰に違和感があったような気がしたそうだ。それが原因なら足指、足首、アキレス腱、ひざ裏などに圧痛が出ているはずなのでそこから調べる。

    左右で9か所の圧痛点が見つかったので1か所づつパイオネックスを貼り痛みの変化を確かめていく。側屈の痛みと後屈での不安感はほとんどよくなるが歩いての鈍痛がすっきりしない。井穴刺絡F4と百会の刺絡で50%よくなる。腸骨稜の下に筋緊張があるのでここにEAPをして最後に鈍痛の中心に鎮痛シートを貼って治療終了。

    明日から4日間出張とのことで帰ってきたらもう一度来ていただくことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村
      

  • Posted by へんせき at 21:36Comments(0)運動器疾患