たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2018年01月15日

トイレが近い 頻尿の悩み

50歳代の主婦。数年前からトイレが近くなり寒い時期は一層近くなるという。回数は夜間1~2回、日中は10~15回。過活動膀胱の症状はそれほどでない。過去に泌尿器科で頻尿治療薬の処方を受けていくらかよかったが副作用が出て中止した。また電気刺激療法を10回ほど受けたことがある。

今はサプリメントとビタミン剤を飲んでいる。生活習慣として朝、白湯を3~4杯飲んでいる。コーヒーが好きだがデカフェに変え1日1杯にしている。最近心臓に動悸を感じることがありホルダー心電図の検査を受けることにしている。

H1H3で呼吸の変化はないので動悸は更年期障害かもしれないとお話しして、頻尿の治療をする。おなかを診ると恥骨の際に圧痛がある。F3H5F5井穴刺絡ををした後、冷え性治療に三陰交、中極、膀胱兪、志室に施灸。百会の刺絡をして治療終了する。

次回治療までに排尿日記をつけて、少し排尿を我慢する膀胱訓練をしてみることを提案した。朝の白湯は1杯にする。

5日後2回目の治療。初回治療後、排尿間隔が少し伸びた気がするとのことで今まで日中2時間以上もつことがなかったが、2時間から2時間半行かなくて済むことが時々ある。自律神経の調整、冷え性の治療とともに膀胱訓練や骨盤底筋体操、体幹トレーニングをしばらく続けてみることにした。


にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 21:16Comments(0)泌尿・生殖器