たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年02月26日

片側顔面痙攣の鍼灸治療

二年前に右側の顔面痙攣を発症した50歳代の女性。MRI検査で異常は認められず、抗てんかん剤とボツリヌス療法の治療を受けていたがどちらも副作用のため継続が難しくなった。抗てんかん剤では増量していくと頭痛がひどくなり、ボツリヌス療法では痙攣は止まるが顔の表情が無くなり人前に出るのが辛いそうだ。

最初は瞼がピクピクするだけで、そのうち治ると思っていたがだんだん痙攣がひどくなり眼球が飛び出すのではないかというくらいの痙攣を感じ病院を訪ねた。昨年8月に3回目のボツリヌス注射を最後に病院の治療を中断している。現在の症状は頬や口角のつっぱり感、瞼があけにくい、それとピクピクとした痙攣がある。

顔は経絡的には手足の三陽経すべてが通じている。関係する神経は第Ⅶ脳神経の顔面神経。自律神経的にはピクピク動くのを押さえるには副交感神経、ギューとした緊張を緩めるなら交感神経の抑制が考えられる。

初回の治療で効果が分かったツボは右のF6とおでこの目の感覚点の円皮針、F6は頬が緩み円皮針は瞼のピクピクが軽くなるという。すぐに完治する病気ではないので効くツボを探しながらながらしばらく治療を続けていただくことにした。ご本人は治療にとても積極的で、治療用具を準備され自宅でも取り組まれている。またパタカラやウォーキングなども始められ、治療開始から10日程だが手ごたえを感じているそうだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  続きを読む

  • Posted by へんせき at 21:00Comments(1)脳・精神・神経

    2012年02月13日

    幼稚園児の足首捻挫治療

    幼稚園年長組の元気のいい活発な女の子。1週間ほど前に右足首を捻挫したようで体重がかかると痛いという。治療は整骨院でアイシングとテーピングを続けているがまだ痛みが取れないとのことで治療を依頼された。昨日車で1時間半もかけて来院された。

    16日に園のマラソン大会が予定されていて、子供がそれを楽しみにしていてどうしても出たいので何とかならないかとのこと。治療室の中を歩かせて痛みの様子を観察して、次に足首をいろいろな方向に動かしてみると内反、外反で外踝の頂上に痛みが出る。(普通の捻挫は外踝の斜め前に痛みが出ることが多い)

    治療はビソマを右F5に貼り、30回圧迫し痛みの頂点にソマを貼る。それで歩かせると痛みなし。内反、外反では最初の半分くらいに減っている。鍼をしようとすると「整骨院で3本鍼をされて痛かったのでイヤだ」と言う。「絶対に痛くしないから1本だけやらせて」と言うとOKしてくれた。太さ0.1mmの鍼を絶骨に浅く刺してほとんど痛みが取れた。

    遠いところからの来院なのでほんの少し残っている痛みに対して井穴刺絡をしようと思い、お母さんをモデルに治療を見せる。血を見ても恐くないやっていいと言うのでハートマークで刺絡する。「痛くない」と言う。これで足首を動かしても、軽く走らせても痛くなくなる。最初は緊張していたが少しずつ痛みが軽くなるにつれて安心して治療を受けてくれた。

    お母さんにもう冷やすのは止めにして、テーピングも安静時は取ってポイントにお灸をしてもらうようにお話した。帰宅して公園に連れて行き遊ばせたらまったく痛みを訴えず今までのストレスを発散するように走り回ったと電話をいただいた。マラソン大会もおそらく大丈夫だろう。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:23Comments(0)運動器疾患

    2012年02月09日

    原因が分からない小児の筋肉関節痛

    4歳男児が12月下旬くらいから毎日からだのどこかが痛いということで両親に連れられて来た。一番痛む部位は左上腕、その他指先、膝、背中、耳や鼻の奥などいろいろで電気が走るような痛み、やけどのようにヒリヒリする、又は少し痛いなどと訴える。痛む時間は短く20秒から3分くらいで1分くらいが多い。この数日痛みはやや軽くなったが毎日5~6回痛いという。夜間の痛みはない。

    昨年11月中旬に風邪をひき、よくなったりぶり返したりしていたが12月下旬に咳がひどくなり肺炎と診断され抗生物質を処方された。初診は1月21日、治療はオレンジのパイオを肺経、大腸経、膀胱経の井穴に貼り50回ほど圧迫刺激をする。黄色では痛いというがオレンジでは問題ない。プラス身柱に知熱灸を3壮。自宅でも毎日続けていただくことにした。

    2回目は1週間後。初回治療後2~3日はあまり変わらなかったがその後明らかに痛みの回数が減ってきたそうだ。両親はリウマチ熱や小児線維筋痛症なども心配され詳しい検査を受けさせ来週結果がでるとのこと。今回はハートマークで井穴刺絡をしたがまったく痛くなく充分な治療が出来た。日に2回ほどお腹が痛いというので脾経、胃経を追加した。

    2月4日電話で体の痛みは1日1回くらいで落ち着いている。自宅での治療は2日に1回続けているとの連絡をいただいた。病院の検査も異常ないそうでこのまま治るような感じとのこと。思うに風邪がきっかけとなり交感神経の興奮が痛みを惹起したのではないか。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村


      

  • Posted by へんせき at 23:58Comments(1)小児・婦人科

    2012年02月04日

    急性腹痛(胃腸炎)の鍼灸治療

    夕方、最後の患者さんを治療しているとき階下の薬局から来店中の処方相談者が急にお腹が痛くなり気分が悪いのでベットで休ませて欲しいと言って来た。30分ほど前から下腹部が差し込むように痛み、二回トイレに行ったが痛みが治まらず、吐き気もして椅子に座っているのが辛くなったそうだ。

    薬剤師に付き添わせてベットで休んでもらい10分ほどして治療中の患者さんが終わって様子を診ると顔色が悪く、横臥位で背を丸めている。手足が冷たく下腹部が痛く下痢になっていると言う。しばらく待っても症状が治まらないので病院に運んだ方がいいのではとご主人に話し、近所の病院2軒に電話したが断られ慈恵第三病院は患者が込んでいるのでかなりお待たせすると言われた。

    それでは先ず鍼灸治療を試して効果がなければ慈恵に連れて行き、楽になれば自宅(鎌倉)まで帰ってかかりつけの医者に診せようということになった。3時間前にあさりのパスタを食べたとのこと、以前に貝で食あたりをおこしたこともあるそうなので裏内庭にお灸をしてみた。左右7壮で下腹部のシクシク感がなくなり、今度はみぞおち部が少し痛いと言う。

    足がとても冷たく体も寒いと言うので、足湯を10分する。足を暖めてから左脾経、胃経の刺絡をするとみぞおち部の自発痛はかなり治まってきた。膀胱経の井穴刺絡をすると冷たかった手が暖かくなってきた。交感神経が抑えられ末梢血管が広がってきたと思われる。顔色も赤みが出てきた。さらに大腸経と百会の刺絡をすると吐き気も止まったし自宅まで帰れそうだと言う。

    当人は鍼灸の経験はなく、半信半疑で治療を受けられたのだが腹痛と吐き気が楽になりとても感謝された。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:38Comments(0)胃腸・消化器