たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年08月24日

低音障害型感音性難聴と不妊治療

44歳主婦。結婚が遅くなり出産適齢期を過ぎてしまったが子供が欲しくて2年前より不妊治療を始めた。1年前から体外受精を始め5回胚移植をしたが着床しなかった。

A病院では4回治療して難しいと言われ、今月B病院に転院して1回治療したところ。彼女の母親が「ぎんなん治療院」の勉強会に参加されていて井穴刺絡の治療を受けてみるようにアドバイスを受けたとのこと。この7月には7年ぶりに再発した低音障害型感音性難聴を母親から送ってもらったハイタッチで1週間治療してすっかりよくなったそうだ。

もう年齢的に無理なのかと思う反面、転院した病院で計ったAMHが2年前の0.3から0.67に上昇していたこともありもう少し不妊治療を続けようと決め来院された。鍼灸治療は今年の5月まで約2年間別のところで定期的に受診していたそうだ。

不妊治療は足の陰経F1F2F3がメインとなる。お腹を触診するとみぞおち部とお臍の左側に圧痛がある。F1F3井穴刺絡でこの圧痛は消失する。F2井穴刺絡もやってから三陰交、志室、下腹部、仙骨部に8分灸をする。ご主人が付き添われていたのでお灸の据え方と井穴刺絡の充分な出血を指導した。最後に百会の頭部刺絡で治療終了。

患者さんは20年前に右突発性難聴、7年前と先月左低音障害型感音性難聴を患い幾らか「腎」が弱いのかもしれない。自宅で先ずは一週間井穴刺絡とお灸を続け足湯も毎日やっていただくことにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 20:25Comments(1)小児・婦人科感覚器疾患

    2014年08月20日

    上腕二頭筋の断裂に対するパイオネックスと巨刺

    ベンチプレスで150kgを挙げる力持ちの40歳代会社員。半年前筋トレ(片手懸垂)をしていて左上腕二頭筋を断裂し、しばらくまったく腕を動かせなくなった。鍛えているとはいえ90kgの体重を片手で引き上げる運動は予想以上に負荷をかけすぎたのだろう。受傷後1ヶ月を過ぎて少しずつ動かせるようになり今は日常生活は普通にできるようになった。

    しかし幾つかの動作で受傷部から脇下、大胸筋の外上部に違和感と突っ張りを感じる。一番気になる動作は肘を曲げて肩の高さで後ろに引く動作。ベンチプレスは怖くてできないと言う。痛みはそれ程ないと言うが、触って診ると力こぶの中心腺上(肘から肩まで)に多数の圧痛点を蝕知する。

    左H2H3の井穴刺絡をするがほとんど変化がない。そこで患側の圧痛点にパイオネックスを貼り、健側の対応部位に寸3-5番鍼で即刺即抜で1㎝刺入の鍼治療を試してみる。圧痛点10数ヵ所を上から順にやっていくと一か所ごとに違和感が減っていき最終的に90%解消した。

    治療に来る時間が取りにくそうなので、先ずは自宅で2~3日圧痛点を確かめパイオネックスを貼りかえるように指示。(おそらく圧痛点が少しずつ減っていくと思われる) 腕の治療はここまでとして他に自覚症状はないが血圧が高めと言うので(測ってみると160/100mmHg)高血圧の治療H6F4H5の井穴刺絡をして治療終了する。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:46Comments(0)運動器疾患

    2014年08月16日

    慢性便秘に対する井穴刺絡

    便意がまったくなく漢方便秘薬を飲んで排便している57歳パート勤務主婦。若いころより便秘症で10数年前には内痔核の手術を受けた。5年まえに消化器内科で診察を受けたが、沢山の薬を飲むのが嫌でそれっきりになりそれからは市販の漢方便秘薬を常用している。

    だんだん薬の量が増えて来ているので副作用や習慣性が怖くなり、当院を受診された知人の紹介で来院された。便秘の状態をお聞きすると機能性便秘の中の弛緩性便秘のように思われる。漢方薬には副作用がないと思っている人もいるが飲んでいる市販薬は大黄、センナ、麻子仁などを含み大腸を刺激する薬で常用していると大腸メラノーシスを起こす。また習慣になりだんだん使用量も増えてくる。

    お腹を触れてみると圧痛はないが便の塊りを感じる。治療は副交感神経を働かせて腸を動かす目的で左F1F6、F4井穴刺絡と百会の刺絡。神門に灸5壮。大腸兪と腹部2穴に鍼治療。治療の翌日少量の排便がありお腹がグルグル動くようになった。2回目の治療は4日後にほぼ同様の治療を行う。

    1週間後3回目の治療。この間便秘薬は今までの半量で2回のみ服用した。治療はF1F6F4井穴刺絡と神門にパイオネックスを貼り、腹部4穴に鍼。その翌日から毎日1~2回排便がありしかも形もいいのが出るようになりとても嬉しいと言う。1週間後の本日4回目の治療は前回に準じる。この1週間薬は飲んでいない。

    排便リズムが正常に戻りつつあると思われるので油断しないで食事や運動など生活リズムに気を付けるようにしてもう少し治療を続けていただくことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村



      

  • Posted by へんせき at 19:21Comments(0)胃腸・消化器

    2014年08月14日

    腰の鈍痛と大腿部のしびれ感

    40歳女性会社員。2か月くらい前から通勤電車で立っているのが辛く、歩いていると大腿の後ろと臀部にしびれを感じるようになっていた。1週間くらい前から腰が詰まったような痛みと痺れがひどくなってきたので来院された。

    痛みは仙骨部で中央部に圧痛点があり、動作診では後屈で痛みを感じる。覚えている限りでは小学生の頃一度腰を痛め、高校生の時ぎっくり腰を経験した。20歳代でぎっくり腰を何度も繰り返した。既往症として喘息、卵巣嚢腫があり、血圧が低い。医者の治療は受けていない。

    後屈の痛みと仙骨部の圧痛を指標に治療する。血圧が95/53mmHgと低いのでH5F5井穴刺絡をしてからF1→F6→F4井穴刺絡。ふくらはぎの圧痛点にパイオネックスを貼り百会の刺絡で後屈の痛みはほぼ消失する。しびれ感が残っているので臀部の硬結部にせんねん灸をするが直後効果はいまいち。ここで治療終了する。

    3日後経過報告があり、しびれ感は翌日になくなり痛みも生活に支障がないくらいに楽になった。通勤も大丈夫とのこと。しばらく様子を見ていただくことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 17:04Comments(0)運動器疾患

    2014年08月03日

    急な生理痛に対する井穴刺絡

    階下の漢方薬局の薬剤師20歳代後半。お客さんの対応をしていたら生理痛がひどくなり立っているのが辛いのでベットでしばらく休ませて欲しいと言って来た。ちょうど昼休みで次の患者さんが来るまで20分時間があったので治療することにした。

    痛い部位は下腹部。先ずH5F5の井穴刺絡で40%楽になる。足が冷えているので足湯を10分してF3左F1右F2井穴刺絡。70%よくなる。三陰交と仙骨部の圧痛点2ヶ所にパイオネックスを貼りもう一度H5F5の井穴刺絡をすると80~90%痛みが取れ楽になる。

    下腹部と仙骨部をカイロで暖めたまま20分くらいベットで休んでいたらすっかり痛みは取れ仕事に戻った。今まで鍼灸治療を受けたことがなく最初少し怖がっていたが背に腹は代えられず刺絡治療を受けたが、即効的効果に驚いた言って大変感謝された。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 21:19Comments(0)小児・婦人科