たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年06月30日

線維筋痛症と子宮頸がんワクチン副反応

治療に来ている患者さんから会社の同僚の娘さん(高校生)が全身が痛くて通学も大変になっている。幾つかの病院をまわって線維筋痛症と診断されているが鍼灸治療は適応かと尋ねられた。

治るかどうかは分からないが痛みを軽くすることは出来ると思う。「しかし、その年齢で原因不明の痛みがあるなら年齢的にも子宮頸がんワクチンを接種したかどうかも気になる」と答えた。

その二日後父親から電話があり娘の症状がひどくなったのは2ヶ月前からだが、4年前にワクチン接種後からいろいろな体調不良で医者に通うことが多くなった。そして予防接種後の娘さんの体調、受診先、診断、処置等を記録した用紙をもって来院された。

娘さんは自力で歩くのもおぼつかなく母親に支えられて入ってきた。4月末に背中の痛みから始まり腰、肩、膝、足のすね、腕と次々と痛みが広がり今は歩くことも大変だと言う。学校に行っても保健室で休んでいることが多い。クリニックを4ヶ所、治療院を3ヶ所受診してきた。3つ目のクリニックで線維筋痛症と診断され大学病院の専門医を紹介されているとのこと。

線維筋痛症の確定診断も難しいが今までの経過をみると子宮頸がんワクチン副反応の可能性が高いのでそれに詳しい医者にも診てもらうことを勧めた。この疾患を私が初めて診たのは4年前、当時中学3年生でこの方はワクチン接種後早い時期にあちこち痛みが広がり最初から副反応を疑い医療機関を探しておられた。

2年前に定期接種が中止され現在も調査中であるが、いまだに認知度は低いようだ。それから10日後T大学病院神経内科のH先生の診察を受けてほぼ子宮頸がんワクチン副反応に間違いなく、来週から検査入院して詳しく調べると連絡があった。H先生の話ではワクチン接種後3年以上経って症状がひどくでることもあり原因不明の痛みやしびれ、麻痺などで苦しんでいる人がいるとのこと。

親御さんからはこのような病気があることを教えてもらい本当に助かったとお礼を言われた。検査が終わったらまた連れて行くとのこと。当院での最初の治療では交感神経抑制の井穴刺絡とハペパッチで対処した。治療後はまっすぐ立てるようになり介助なしで歩けるようになった。痛みの程度は10→5で表情も明るくなった。しかしその状態が長くは続かず二時間後はもとに戻ったそうだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
  

  • Posted by へんせき at 21:30Comments(0)小児・婦人科

    2015年06月23日

    バスケットボール練習後に痛くなったアキレス腱

    学生時代バスケットボールの選手で社会人になっても趣味で毎週1回2~3時間練習している30歳代の男性。10日ほど前の練習後から左アキレス腱部が痛くなった。(練習中は痛くなかった) 一番痛い個所はアキレス腱の内側(内踝の後方)で踵やふくらはぎの上部も痛い。痛くなってからアイシィングで様子を見ていたがよくならないので来院された。

    痛みは歩行で出る。左足が後ろで踏み出そうとつま先に体重を乗せたときにアキレス腱内側部が痛くなる。爪先立ちでも同部位が痛くなる。先ずF3F4井穴刺絡で少しいいかなと言うくらい。指先や指の付け根に圧痛はない。痛みが出る姿勢で足の甲部に圧痛点が6ヶ所あるのでここにパイオネックスを貼ってみるが思ったほどよくならない。

    次に痛いと言う部位を細かく調べると3ヶ所に圧痛点がありこれにパイオネックスを貼ると痛みが10→6となり、普通に歩いての痛みはほとんど取れるがじんわり体重を移すと痛い。F5612の井穴刺絡やふくらはぎのEAPをしたが変化なし。

    痛い姿勢でアキレス腱の外側(外踝の後方)を調べると圧痛点があるが痛い場所に響かないと言う。試しにパイオネックスを貼ってみるとアッ痛みが減ったと言う。さらにその近くを調べると5mmほど離れたところに圧痛点があり、そこにパイオネックスを貼るとゆっくり歩いての痛みはなくなり、爪先立ちでの痛みも取れた。

    ぶり返さないか2~3日様子をみていただくことにした。井穴刺絡より圧痛点のパイオ治療が効いた印象だが効果が出る圧痛点を一つひとつ探していくのは時間と根気がかかる。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 21:53Comments(0)運動器疾患

    2015年06月20日

    回転性めまいの後から続く全身疲労感と腰痛

    70歳の男性会社員。三ヶ月前に急な回転性めまいに襲われ動けなくなり救急車で総合病院に搬送された。4日間入院して脳、心臓、耳などの精密検査をしたが原因を特定できず「良性発作性頭位めまい症」と診断を受け退院した。

    それ以来めまいは起こりそうな気配はあるがおさまっている。しかし退院と同時に体がだるく疲労感が強く一週間会社を休んだがどうしても疲れが取れず、内科、循環器科、耳鼻科の開業医を訪れた。特に異常なしとのことで処方された漢方薬を飲んでいたが、2週間前から腰も痛くなり以前私の治療を受けていた奥さんに伴われ来院された。

    腰はじっとしていても鈍痛があるが、前後屈や靴下を履く動作が辛い。腰を叩いても中に響くことはない。全身疲労感に対して自律神経調節のためH5F5井穴刺絡。腰痛に対してF4井穴刺絡。目頭に涙が溜まると言うので右F2F6。体力が低下していると思われるので太衝、足三里、中脘、天枢、曲池、志室、次髎にお灸を各3壮。

    治療終了時に体が軽くなり腰も楽になったと効果を実感なさる。その後翌日は腰の状態50%改善。二日後左の大腸兪付近の奥に少し痛みが残る程度。三日後痛みはなくなり左膝の外側が少しつる感じがある。四日後2回目の治療では腰の痛みはなく、全身のだるさも80%よくなっている。

    治療はH5F5井穴刺絡。左ふくらはぎの軽いしびれ感に対しF3F4井穴刺絡。目頭に涙が溜まるのは涙の排出管が詰まっているそうで試しに攅竹に刺絡をしてみた。左下腿に少し症状が残っているので足三里、陽陵泉、承山にパイオネックスを貼って治療終了。

    三ヶ月も続いている原因不明の体調不良が1回の治療で効果を実感されよくなる希望が持てとても感謝された。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村






      

  • Posted by へんせき at 08:03Comments(0)不定愁訴・体調管理

    2015年06月17日

    低用量ピル中止後の強烈な生理痛

    ご近所にお住いの40歳代の女性。出産後16年間低用量ピルを服用してきたが血栓症のリスクのため先月中止した。そうしたら二日前に月経が始まり強烈な生理痛に襲われ鎮痛剤を服用した。今日は前二日ほどの強い痛みはないが下腹部と腰部に鈍痛があるとのこと。

    他に体中が凝ってだるいという。また近視、乱視、老眼を多焦点眼鏡で補っているが目の疲れを感じる。特記事項として妊娠中に重症悪阻、妊娠中毒症、関節リウマチ、帝王切開を経験している。

    生理痛の治療にH5F5井穴刺絡。三陰交と仙骨部の圧痛点にパイオネックスを貼ると下腹部と腰部の鈍痛はほとんどなくなる。帝王切開は縦に切ってあり傷跡に2ヶ所、傷跡の周辺に3ヶ所の圧痛点がある。これにパイオネックスを貼ると肩こりが楽になる。さらに首肩の凝りを診てH6の井穴刺絡と百会の刺絡。

    毎朝足首の関節が固まるというのでおそらくH5F5でいいと思うが下腿を触診して胃経の圧痛点にパイオネックスを貼る。足首の状態は明朝確認していただくことにした。治療終了時体のだるさが取れ、目がすっきりして午後からの仕事に元気に行けそうだと言う。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村
      

  • Posted by へんせき at 21:51Comments(0)小児・婦人科

    2015年06月14日

    全身が凝って痛い(首・肩・腰・ふくらはぎ)ピアノ教師

    昼休みに外出しようとしていたら飛び込みで来院された50歳代の女性。東京の東部在住で当院まで1時間以上かかる。たまたま用事で調布に来たが体中が痛くて辛いので治療して欲しい、地元の治療院で鍼やマッサージを受けているが帰るまで待てないとのこと。

    仕事はピアノ教師で午前中2時間練習で弾く。午後3時から9時まで生徒のレッスンでほとんど座っていることが多い。起床時は全身が痛く強張っているが、体を動かしているうちに少し和らぐが夜になると疲れもたまり首、肩、背中、腰、足が凝って痛い。近所に要介護の母親がいてその世話もしている。降圧剤を飲んでいる。

    大きな病気はしていないが30年ほど前に盲腸を手術している。先ず腰から、前後屈どちらも痛みが出る。盲腸手術跡を調べてみると傷跡に1か所(チクッとした痛み)傷跡2㎝斜め上方1か所(鈍痛)に圧痛点。これにパイオネックスを貼ると前屈痛は消失びっくりされる。後屈痛は残っているのでF1F6井穴刺絡やハペパッチを貼ったがいまいち改善しない。

    腹診をすると右の腎臓の位置に圧痛あり。F3井穴刺絡で腹部圧痛と腰の後屈痛とれる。首肩は右側の首の付け根から肩上部が特に辛い。H6H5井穴刺絡で痛みと凝り感半分よくなる。老眼も入り目の疲れがあるので後頭部と百会の刺絡をすると首肩の症状もほとんど解消した。

    最後にふくらはぎが少し強張っていると言うのでF4井穴刺絡。自分は20歳代からいろいろな治療院に行ったがこんなに即効性のある治療を受けたのは初めてで遠いけどまた来ますと言ってお帰りになった。


    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村

      

  • Posted by へんせき at 20:19Comments(0)運動器疾患

    2015年06月10日

    アレルギー性皮膚炎(蕁麻疹?)の治療経過

    一週間前に皮膚科でじんま疹のようだと言われた30歳代の女性。その一週間前に子供の遠足で遊園地に行ったとき足にプツプツが出た。虫刺されか紫外線のせいかと思ったが足→手→耳周り→体幹部と広がってきたので皮膚科を受診し現在抗アレルギー薬と保湿剤、ステロイドの塗り薬を処方された。

    蕁麻疹の治療は「21世紀の医学107ページ」に臨床報告が記載されている。私もこれを参考に治療を進めた。痒みが出るのは夕方疲れた時や風呂に入った後、夜布団に入った時などで日中は割と楽とのこと。

    蕁麻疹の特徴は赤い平たい痒みのある膨らみ「膨疹」が特徴だが、これがはっきりしない。週に1回の治療を4回したところだが治療するときは痒みはなく膨疹もない。最初はプクッとしたものが出ていたが鍼灸治療1週間後くらいからは鳥肌のような小さいプツプツがでて痒くなると言う。

    医者は蕁麻疹のようだが血液検査をしても原因物質は出ず薬で様子を見ている状態。H5F5と腹診による井穴刺絡が中心で肩こりに百会を使っている。治療2週目から自宅で井穴刺絡のセルフケアをしていただいている。

    現在の治療効果は小さいプツプツが出て痒くなるが引きが早くなった。痒くなったときH5F5の刺絡をすると痒みが楽になる。ひどい肩こりがかなり楽になってきた。3日前の日曜日子供のサッカー教室に駆り出され腰が痛くなったが、ぎんなん治療院発行の井穴刺絡早見表を参考にF4井穴刺絡をするとその場で痛みがすーっと引いて驚いたとのこと。

    慢性じんましんなのかアトピー皮膚炎なのかいずれにしても交感神経を高める生活を続けながらもうしばらく治療継続の予定。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村




      

  • Posted by へんせき at 23:41Comments(0)アレルギー