たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2013年11月25日

鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り

49歳主婦(事務パート) 数年前から首肩こりがあって大学病院で緊張型頭痛と言われていたが、1年前から肩こりがひどくなり鎮痛剤を飲まずにはいられなくなった。この一週間はほぼ毎日飲んでいる。最近整形外科でMRI検査を受けやはり緊張型頭痛と言われデパスとミオナールを処方されたが効かず市販の鎮痛剤を飲んでいる。

他にはこの1~2年生理が乱れて来て今年の夏にホットフラッシュに悩まされ婦人科を受診。女性ホルモンの低下を指摘された。漢方薬で汗は治まったが吐き気やめまい感など自律神経が乱れが続いている状態だと言う。

首の動作診をすると側屈と後屈で右の首筋に痛みとツッパリ感がある。H5F4F5はあまり効かずH6で効果を実感された。百会と百会の右2㎝の刺絡でさらによくなった。後頚部を触ってみると天柱に凝りがあるので浅い鍼をして初回の治療を終了。鎮痛剤に代わる薬はないかと聞かれるので、かかりつけ医に葛根湯や葛根加朮附湯などの漢方薬を相談してみるようにアドバイスした。

一週間後2回目の治療。前回の治療後帰宅してから2~3時間少しフワフワした感じがしていたが、それが治まったら足が地につきシャキッとした。内科で葛根加朮附湯を処方してもらった。この1週間鎮痛剤は飲んでいない。漢方薬を飲むと少し体が温かくなりほんわかして頭痛は起こらない。昨日午前中まで調子がよかったが午後根を詰めて仕事をしたら疲れて帰りの電車で気持ちが悪くなった。

治療の前に血圧を測ってみると137/88mmHgと少し高め、以前は収縮期100mmHgくらいというのでしばらく自宅で朝と寝る前に血圧を測って記録してみるように指示する。治療はH6と頭部刺鍼4ヶ所。昨日の伝票、パソコン作業で目が疲れたようなので眼精疲労の治療をする。目はコンタクトで遠近両用を使っているとのことだが、これが原因になっているかも知れない。一度目の検査も受けてみるようにお話しして治療終了。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:01Comments(0)運動器疾患

    2013年11月18日

    不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生

    大学6年生男子。就職も内定して来春から社会人としてスタート予定だが、それまでに何とか体調不良を治したいと来院された。不眠は中学生のころから始まり大学3年の時ひどくなり心療内科を受診してそれ以来睡眠導入剤を飲んでいる。不眠のタイプは入眠障害で寝つきが悪く薬を飲まないと朝まで眠れないことがある。短時間型の睡眠剤を3種類処方されているが最近効きにくくなっている。睡眠剤ははやく止めたい。

    お腹の症状は下痢しやすく1日2~4回トイレに行く。やはり中学生の時から始まり何件か病院に行ったが、どこでも過敏性大腸炎と言われた。今は薬を飲んでない。朝食を取ると通学時トイレが気になり朝食抜きが多くそのためか体重も47kgとやせている。

    排尿に関してはおしっこがすぐに出ない。排尿が始まるとスムーズに残尿感もなくすっきりするが出始めるまでにものすごく苦労するそうだ。公衆トイレは使えず、他人と並んで用を足すことが出来ないので今は個室に入り小便をしている。どうやったらおしっこが出せるのか分からなくなってしまったと言う。過去に泌尿器科で検査をしたが異常はないと言われた。おそらくいくら排尿したくても人が見ていると緊張して出せない状態に似ていると思う。

    交感神経緊張による症状が多いので初回治療はF1F6F3F4H6の井穴刺絡と百会の刺絡。体の冷えに対して天枢、関元、失眠、大腸兪、身中に施灸。鍼灸は初めてで緊張していたが治療後はお腹が柔らかくなり体が温かくなる。体内時計をリセットするために生活リズムを出来ることから変えてもらうことにする。本人曰く『どの症状も医者をはじめ家族も理解してくれないのは辛い』 次回は小中学生時代の様子、家庭に精神的なストレスがないかなどもう少し掘り下げて原因を探り自宅治療を指導する予定。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:31Comments(0)不定愁訴・体調管理

    2013年11月04日

    子宮腺筋症による月経痛、下腹部痛、腰痛

    48歳主婦、一月半前夏バテで胃腸の調子が悪くなり来院されそれは4回の治療でよくなった。今日は待合室で顔をしかめ辛そうな様子でどうしたのかお聞きすると昨日から生理痛で下腹部と腰が痛いとのこと。子宮腺筋症のホルモン剤治療を病院で受けているが今は休薬中で痛い時には市販の鎮痛剤を使っている。

    しかし今日鍼灸治療を受けるので鎮痛剤は飲まずに来られた。じっとしていて痛みが周期的に左下腹部と腰部(仙骨部)に襲ってくる。治療は先ず三陰交の圧痛点にパイオネックスを貼って圧迫刺激をする。次に副交感神経の痛みに対するためH5F5の井穴刺絡をする。すこし痛みが引いてきたので5分ほど間をおいてもう一度H5F5の井穴刺絡。

    痛みのため体に力を入れて緊張していたが力が抜けてだいぶ楽に話が出来るようになった。左F3の井穴刺絡の後仙骨部の圧痛点3ヶ所にお灸。ほんの少し痛みが残るが(最初の5%)これなら鎮痛剤は飲まなくていいと思うとおっしゃる。仙骨部にパイオネックスを貼って治療終了。もし痛みがぶり返すようならH5F5にピソマを貼るように指示。

    3日後に電話で『治療後うそのように痛みがなくなり生理の2日前から始まった軽い頭痛もなくなった』と連絡があった。病院での治療はホルモン剤を使いながら閉経を迎えれば症状は軽くなるということだが、今回のことで痛いときに鎮痛剤でなく鍼灸治療で有効なことが分かり大変喜ばれた。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 13:05Comments(0)小児・婦人科