たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年03月23日

後頭神経痛による首と後頭部の痛み

二週間前から急に左耳後ろの首から後頭部が急に痛くなった70歳代の主婦。血流をよくする漢方薬を飲んでいるがよくならない。1年半ほど前に同じような症状で鍼治療をしたら1回でよくなったのでまた試してみようと来院された。

痛みは断続的にじっとしていて皮膚の浅い所が痛い。カルテを見ると前回は左H4H5と左F4F5の井穴刺絡をしている。今回も経絡的には三焦経、小腸経、胆経、膀胱経と考えられる。自発痛があるが、圧痛点も探してみる。左頚部に5点後頭部に2点の圧痛点のうち頚部2ヶ所にハペパッチを貼ってみる。

貼ったままでしばらくお話をしているうちに自発痛が軽くなってきた。そこで左H4H5井穴刺絡をすると痛みがほとんどなくなった。そのままで10分くらい経過したが痛みはぶり返さない。血圧が高いのでH6と百会の刺絡をして治療終了。

家族のことで強いストレスがあるとのことなのでそれが一因になっているのかもしれない。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 21:15Comments(0)脳・精神・神経

    2015年03月17日

    変形性膝関節症に赤羽式皮内鍼法を応用

    腰痛治療中の70歳代の女性。数回の治療で腰はほとんど元の状態に戻ったので、本格的に左膝の変形性膝関節症の治療をすることにした。膝はくの字に曲がり医者からは手術を勧められている。本人は痛みさえ取れれば日常生活は何とかできるので手術はしたくないとのこと。

    歩行は杖をついて歩くのだが悪い方の足は歩幅が狭く体も揺れる。これだけ変形していると負荷が指や足首にかかっていることは間違いないが、稲舛先生が動画で赤羽式皮内針の説明をしていたのを思い出し大転子の周囲の圧痛を調べてみた。2ヶ所に圧痛があるのでそのひとつにハペパッチを貼って歩いてもらうと楽になった。

    もう1か所にも貼るとさらによくなった。足の甲4-5中足骨の間にもハペパッチを貼り最後にF5井穴刺絡をすると歩幅も広がり歩いての痛みも90%楽になる。しかし関節の曲がり具合は最初より少し良くなった程度で十分ではないが、本人は痛みが減っただけでも満足と言う。セルフケアが出来そうにないので痛みがぶり返しそうになったらまた来てもらうことにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村
      

  • Posted by へんせき at 22:59Comments(0)運動器疾患

    2015年03月12日

    子育て中のぎっくり腰と肩こり

    アメリカ在住の30歳代の女性。現在実家に帰省中で母親の紹介で来院された。昨年末に子供を抱え上げようとしてぎっくり腰で動けなくなった。10年前にも腰痛を起こしその時はヘルニアと言われ、それ以来腰痛もちとなった。肩こりもひどいので一緒に治療して欲しいとのこと。

    いま腰に鈍痛があるが昨年末のぎっくり腰が尾を引いているようだ。左右の側屈や腰を回転させて特定の位置で腰椎と仙骨の境目付近左側に半径5㎝くらいに痛みを感じる。お腹を触って診ると左の季肋部とお臍の左5㎝のところに圧痛がある。

    治療は座位でH3井穴刺絡で呼吸が深くなり、H1で変化なし。足指や足甲の圧痛を捜し腰の痛みが変化する1,2指の股と4,5中足骨間にハペパッチを貼る。もう一度お腹を診ると圧痛が残っているので左F3、左F1F6井穴刺絡。立位で腰の動診をしてF4井穴刺絡。

    肩こりは両方の首の付け根から肩上部にかけて凝り感があり首の斜め前屈と側屈でツッパリ感がでる。H4H5井穴刺絡の後少し残っている圧痛部にハペパッチを貼る。最後に百会の刺絡をして次の患者さんが来るまでの10分間コアヌードルに寝てもらった。とてもすっきりしたと仰る。井穴刺絡治療の資料を渡し、アメリカに帰るまでにもう一度来ていただき自宅でのセルフケアを指導することにした。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:04Comments(0)運動器疾患

    2015年03月10日

    風邪の後から体調が回復しない

    風邪を引いた後から体調が戻らず、体がだるい、力が入らない、意欲が出ないとの訴えで来院された50歳代の女性。2月の下旬に4日間38℃の熱が続き嘔吐、下痢、腹痛がひどく市販の風邪薬を飲んだ。発病2日目から高音の耳鳴りが始まった。現在熱は下がり食欲もあるが上記症状が続いているとのこと。

    詳しく話を聴くと発症の前日日帰り温泉でボイルされたえびの味が変だったが全部食べたそうだ。呼吸器症状がなかったので風邪ではなく細菌性の胃腸炎ではなかったか。現在の症状は合わない薬を飲んだことによる体の反応なのか?いずれにしても副交感神経の異常興奮の症状を呈している。

    他に一昨年の6月に単身赴任で引越しをしてから疲労感、涙目、ひょうそなどで体調が悪く、目は天気が悪いと酷くなる。初回の治療はH3H1井穴刺絡で呼吸が深くなり、左H1で腹部の圧痛が取れた。最後にH5F5井穴刺絡で体のだるさが半分くらい楽になる。その後3日おきに2回治療した。

    基本治療はH5F5井穴刺絡で他に腹診や目の症状を指標に井穴刺絡、頭部刺絡、ハペパッチ。最初何かしようとする気がまったく起きなかったが昨日は美容室に行けて家事も少しずつできるようになった。耳鳴りは止まっている時間が増えてきた。全体として50%回復したと言う。自宅治療は刺絡は出来そうにないと言うので今日せんねん灸とピソマを渡した。

    引っ越した先が新築の部屋だったのでハウスシック症候群の可能性もあるとお話ししていたが、すぐに住まい探しを始め今週末にも引っ越すとのこと。本人曰く「私は元気なら活動的でパワーもあるのですよ」とのこと。よくなってきているのでもう少し治療を続けてくださいと言って治療終了。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:59Comments(0)不定愁訴・体調管理

    2015年03月10日

    浅見鉄男先生生誕100年記念研究会開催される

    3月8日横浜で開催された「浅見鉄男先生生誕100周年記念研究会」は盛況のうちに無事終了しました。たくさんの方々の協力の賜物と感謝申し上げます。

    研究会の様子は順次「井穴刺絡研究会の掲示板」http://6025.teacup.com/inamasu/bbsにUPされるので興味を持たれた方はお問い合わせいただきたい。今までの研究会のDVDと先生の著書「21世紀の医学」勉強する材料には事欠きません。

    浅見先生の「井穴・頭部刺絡療法」は手足の井穴と頭部のツボの刺絡で様々な病気や症状に対応できる素晴らしい治療法です。1時間ほど講習を受けると素人でも出来ます。しかし奥は深く無限の可能性を秘めた治療法でもあります。

    当研究会は横浜と大阪で年3回ずつ、意見交換会を横浜で3回行っていて100%オープン誰でも参加歓迎です。技術も100%お伝えします。今回の研究会を機に一層の普及と発展を期し努力しようと話し合ったところです。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 00:12Comments(0)