たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2020年02月10日

顔面神経麻痺(完治まで半年と言われたが)

73歳の主婦。発症の前夜めまいがしていた。朝起きて鏡を見ると顔が歪んでいた。医療機関に問い合わせたら脳の障害も考えられるので大きな病院を紹介された。脳の検査をして異常はなさそうだが経過を見るために2日入院して帰宅した。ステロイド薬を大容量から漸減する治療となった。またヘルペスウィルスも考慮したのか抗ウィルス薬も出た。

本人は鍼治療を受けたかったので医者に聞いたら許可が出なかった。退院した日に電話で相談があり、「医者がそう言うなら次の診察日までの1週間薬を飲んで様子を見てもう一度許可をもらうようアドバイスした」

1週間後の診察は別の医者だった。その医者はご自身の判断でやっていいとのことだったので帰り道予約の電話があった。薬はステロイドと抗ウィルス薬が終わりビタミン剤と代謝賦活剤だけになり瞼が閉じにくく目が乾くのでドライアイの目薬も出された。医者は完治まで半年と言ったが来月海外旅行と舞台に立っての朗読会があるので早く治したいとの要望。

症状は左瞼が閉じにくい、口角から水がこぼれる、笑ったりすると左頬が歪む等。言葉ははっきりしている。21世紀の医学を見ると浅見先生はH5F5井穴刺絡をメインに頭部刺絡やEAPを併用されている。H5F5井穴刺絡を2回やると頬の感覚が少しよくなった。触ってみるとこわばりがあるので5か所浅く刺鍼してEAPをやる。最後にペンフィールドの図を参考に頭部刺絡を行った。

患者さんの感想は顔が軽くなった。よくなりそうな気がするとのこと。特発性難聴、帯状疱疹、橈骨神経麻痺そしてこの顔面神経麻痺も治療開始が早いほうが予後がいい。先ずは数回は続けて治療することにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     帯状疱疹後神経痛に対する患部強刺激 (2020-03-27 20:47)
     延髄梗塞の後遺症 (2019-09-30 23:04)
     14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛 (2019-08-27 22:36)
     帯状疱疹後神経痛をどう防ぐか (2019-06-27 23:25)
     むずむず脚症候群とぎっくり腰 (2019-03-29 23:37)
     不眠症・睡眠剤に依存したくない (2019-01-25 22:53)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    顔面神経麻痺(完治まで半年と言われたが)
      コメント(0)