たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2019年08月27日

14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛

昨年6月に右脇から腹部にかけて帯状疱疹を発症してその後神経痛へと移行して鎮痛薬や神経ブロック、レーザー治療を続けているが全く効果がなく、たまたま稲舛先生のYouTubeを見て思い切って千葉から博多まで治療に行った59歳の男性。

結果は劇的に効き将来に希望が持てたとのこと。効果を安定させるためには最初の一週間くらいは連日治療した方がいいとの稲舛先生のアドバイスで所沢からのH先生の所に行く予定にしていたがH先生が業務多忙のためすぐに対応できないとのことで当院に来院された。

24日に最初の治療を博多で受ける。治療前の痛みを10とすると治療後は2に軽減する。治療前は痛むところを手で押さえ、床に落ちたものを拾うことや寝て起き上がる動作など出来なかった。また仰向けに寝ることも辛かったそうだ。それが少し痛いながらも出来るようになった。会社では顔の表情が違いますねといわれたそうだ。

26日治療前の痛みは博多での治療前を10とすると4。前屈、左右への回転、起き上がり時の痛みを指標に治療する。先ず仰向けでH5F5井穴刺絡をして起き上がり動作をしてもらうと痛みがひどくなった(H5F5は不適かなと思ったが後になってそうではないと分かった) 右陥谷の圧痛点を圧迫してもう一度起き上がってもらうと今度は出来た。そこで右F6井穴刺絡をすると痛い部位が狭まってきた。

もう一度F6井穴刺絡をすると痛みの部位が一点にはっきりしてきた。対象部位に巨刺をしたが効果なし。次に右第3趾の井穴刺絡をすると前屈や体幹部の回転の動作での痛みがさらに軽くなる。最後に陥谷に鍼をするとほとんど痛みがなくなる1~0。翌日の予約をして帰宅。

ほとんど治まっていた痛みが帰りの電車の中で冷房に当たったせいか増してきた。東京駅で乗り換えでかなり歩いたらさらに痛くなり6~7。一晩寝て今朝は4と昨日治療前とほぼ同じ。

今日は冷えるとよくないというので最初に石黒式温熱器で5分ほど温めてから治療開始。右陥谷の圧痛は今日もある。F6井穴刺絡をしてから圧痛点に鍼をすると4の痛みが2になるがモワッとした痛みが残っている。座位でH5井穴刺絡をすると痛みはほとんど0になる。すこし違和感を感じるというのでもう一度H5井穴刺絡をするとそれも取れ体を動かしてもほとんど痛みなし。(H5は最後にやった方がいいのか?)この状態が持続すれば発症前と同じだという。

ペインクリニックには治療してもよくならないがそこを切られたら行くところがなくなるのでそれが怖くてずっと通院している患者さんがたくさんいると話されていた。今週いっぱい毎日治療して安定した状態が続くようにしていきたい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     延髄梗塞の後遺症 (2019-09-30 23:04)
     帯状疱疹後神経痛をどう防ぐか (2019-06-27 23:25)
     むずむず脚症候群とぎっくり腰 (2019-03-29 23:37)
     不眠症・睡眠剤に依存したくない (2019-01-25 22:53)
     片頭痛治療のその後 (2018-10-30 23:17)
     20年来の頭痛(片頭痛) (2018-10-20 18:21)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛
      コメント(0)