たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2018年10月30日

片頭痛治療のその後

10月20日UPした片頭痛の患者さんのその後。治療後7日間で2回痛みが出そうになったが大丈夫だった。8日目に痛みが出た。経緯は11月から大阪に引っ越すので住まいを探すため2泊3日で大阪に行った。向こうで枕が合わずに毎日首が凝った感じだった。帰京する朝、何となく頭痛が起きそうな感じがした。

午後の新幹線に乗った頃、頭痛が始まった。薬を飲もうと思ったが実家に忘れて飲むことが出来なかった。車中1時間ほど眠ったが痛みは治まらなかった。品川駅に着いたところで当院に治療依頼の電話をした。

痛い部位は前頭部と左側頭部(耳の上から風池付近)、後頚部の凝りを訴える。H5F5井穴刺絡を数分3間隔をおいて3回する。前頭部の痛みが軽くなる。側頭部の痛みを目標に頭部胆経の刺絡を右→左と行う。前頭部の痛みなくなる。側頭部は10→5。後頚部の凝りに対してF4井穴刺絡。側頭部少し軽くなる。

右側頭部に3番鍼で4か所鍼をすると左側頭部の痛み5→2と軽くなる。最後にH5F5にパイオネックス0.3mmを貼り寝るまで時々刺激するように指示して治療終了する。

治療後2日後に連絡があり翌朝は痛みが取れていた。今日も痛くないそうで鎮痛剤は飲んでないとのこと。井穴刺絡治療によく反応するのでしばらく治療を続けたら減薬が可能ではないかと思われる。大阪に行ったら中村先生を訪ねるようにお話しした。


にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     20年来の頭痛(片頭痛) (2018-10-20 18:21)
     脳出血リハビリ入院中の不眠、足のしびれ (2018-08-16 23:50)
     脳脊髄液減少症治療その後の経過 (2018-06-03 19:53)
     脳脊髄液減少症による多彩な不定愁訴 (2018-05-31 20:25)
     脳梗塞による手足の後遺症 (2018-05-13 16:53)
     起立性調節障害と診断された小学生 (2017-12-24 00:12)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    片頭痛治療のその後
      コメント(0)