たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年05月12日

排尿恐怖で自宅以外で用がたせなくなった女子高生

中学2年くらいから学校で用が足せなくなった。(尿意がありトイレに入っても排尿できない) 親にも言えずにずっと我慢していたが高校1年の時母親に相談して病院に行った。検査をしても器質的な異常はなく精神的心理的な問題だろうと診断され、現在まで1年半ほど心療内科で安定剤と抗うつ薬の治療を続けている。学校に行けなくなったので通信講座で勉強をしている。

排尿困難以外に高校生になってから片頭痛が起こるようになり、軽度の視線恐怖や動悸がある。自宅では1日10回くらいトイレに行くが、夕方から夜に出なくなりトイレで1時間くらい座っていることがある。

排尿時は膀胱が収縮して尿道が緩み、畜尿時は逆の働きで畜尿排尿をコントロールしている。そこには自律神経が大きく関わっている。副交感神経が興奮して排尿が行われるので、器質的疾患がなく排尿がうまくできないのは ①副交感神経の働きが悪い ②交感神経が興奮している ③両神経の切り替えがうまくいかないかだろう。

初診 F3F4井穴刺絡 失眠多壮灸 腰仙部に8分灸。体が温まりリラックスしたと言う。その場で排尿状態を確かめられないので次回報告してもらうことにした。3日後2回目の治療。昨夜すっきり出なくて1時間トイレに入っていた。頭痛はない。治療はF3H5F5井穴刺絡、百会刺絡、8分灸2壮を(三陰交、仙骨部、督脈上部3穴、中極) 失眠多壮灸。足湯とピソマでの井穴刺激、せんねん灸を指導。

10日後3回目の治療。この間2回コンサートに行った。かなり緊張したが外出できた。外出中はトイレに行かなかった。自宅では割と出ている、トイレでH5をピソマで刺激するといいようだ。考え方が少しずつ前向きになってきたと言う。治療はH5F5井穴刺絡 百会の刺絡とお灸。就寝がAM1時、起床がAM10時くらいが多いと言うので自律神経は早起きによってセットされることを説明して足湯と自宅治療を続けるようにお話しする。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     片頭痛治療のその後 (2018-10-30 23:17)
     20年来の頭痛(片頭痛) (2018-10-20 18:21)
     脳出血リハビリ入院中の不眠、足のしびれ (2018-08-16 23:50)
     脳脊髄液減少症治療その後の経過 (2018-06-03 19:53)
     脳脊髄液減少症による多彩な不定愁訴 (2018-05-31 20:25)
     脳梗塞による手足の後遺症 (2018-05-13 16:53)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    排尿恐怖で自宅以外で用がたせなくなった女子高生
      コメント(0)