たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年02月26日

片側顔面痙攣の鍼灸治療

片側顔面痙攣の鍼灸治療二年前に右側の顔面痙攣を発症した50歳代の女性。MRI検査で異常は認められず、抗てんかん剤とボツリヌス療法の治療を受けていたがどちらも副作用のため継続が難しくなった。抗てんかん剤では増量していくと頭痛がひどくなり、ボツリヌス療法では痙攣は止まるが顔の表情が無くなり人前に出るのが辛いそうだ。

最初は瞼がピクピクするだけで、そのうち治ると思っていたがだんだん痙攣がひどくなり眼球が飛び出すのではないかというくらいの痙攣を感じ病院を訪ねた。昨年8月に3回目のボツリヌス注射を最後に病院の治療を中断している。現在の症状は頬や口角のつっぱり感、瞼があけにくい、それとピクピクとした痙攣がある。

顔は経絡的には手足の三陽経すべてが通じている。関係する神経は第Ⅶ脳神経の顔面神経。自律神経的にはピクピク動くのを押さえるには副交感神経、ギューとした緊張を緩めるなら交感神経の抑制が考えられる。

初回の治療で効果が分かったツボは右のF6とおでこの目の感覚点の円皮針、F6は頬が緩み円皮針は瞼のピクピクが軽くなるという。すぐに完治する病気ではないので効くツボを探しながらながらしばらく治療を続けていただくことにした。ご本人は治療にとても積極的で、治療用具を準備され自宅でも取り組まれている。またパタカラやウォーキングなども始められ、治療開始から10日程だが手ごたえを感じているそうだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
片側顔面痙攣に似た病気に眼瞼痙攣があります。こちらは目の周りだけに症状が現れ他の部位に広がりません。片側顔面痙攣は目の周りから片側の他の部位に広がり、耳鳴りが起こることもあります。より難症ですので適切な診断と治療が必要です。病院は神経内科や脳神経外科を受診します。


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     顔面神経麻痺(完治まで半年と言われたが) (2020-02-10 21:50)
     延髄梗塞の後遺症 (2019-09-30 23:04)
     14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛 (2019-08-27 22:36)
     帯状疱疹後神経痛をどう防ぐか (2019-06-27 23:25)
     むずむず脚症候群とぎっくり腰 (2019-03-29 23:37)
     不眠症・睡眠剤に依存したくない (2019-01-25 22:53)

    この記事へのコメント
    大阪のはりきゅう中村です。
    いつも勉強させて頂き、誠にありがとうございます。

    上記症例について、質問させて頂きたく存じます。

    ちょうど私のところにも、右眼瞼が引っ張られるような痙攣しそうな圧迫されるような何とも言えない違和感を訴える患者さんがいました。
    眼瞼の症状と同時に、眼の痛みも訴えられ、眼科ではアレルギー眼炎(結膜炎?)と言われたそうです。
    このような瞼の違和感に対して、
    1.アレルギーに対しては、H5F5
    2.目の痛み(交感)に対しては、右F2
    3.眼瞼挙筋の疲労(交感)に対しては胃経の右F6
    これらの3つの井穴を考えましたが、有効だったのは、H5F5でした。
    ピクピクしている最中に、患者さんがご自宅でH5F5を刺絡したところ、すぐに止まり、その後、再発もしなかったそうです。

    そんな折りに、岩永先生の症例で、
    「自律神経的にはピクピク動くのを押さえるには副交感神経」
    という文面を発見し、これだったのか!と思いました。

    そこで質問なのですが、ピクピク動くのはどうして副交感神経なのでしょうか?
    私はてっきり、交感神経で虚血になり筋痙攣が生じるのだと考え、F6が有効だと思っていたのですが、H5F5が効いたのが私の中では意外だったので、この度、質問させて頂きました。
    ご回答頂ければ幸いです。ご指導よろしくお願い申し上げます。
    Posted by 中村 at 2012年02月26日 22:53
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    片側顔面痙攣の鍼灸治療
      コメント(1)