たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年03月30日

躁うつ病とうつ病は違う

中国の古典『韓非子』に「矛盾」の故事が載っている。その故事とは矛と盾を売り歩く商人が矛を売るときには「この矛はどんな盾でも突き通す」と言い、盾を売るときには「この盾は硬いのでどんな矛でも突き通せない」と言った。それを聞いていた一人がそれではその矛でその盾を突いてみろと言ったら、返答に窮したというものだ。

人は正確な情報が提供されたら正しい行動がとれる。原発事故、放射能汚染に対する政府発表は正に矛盾。規制値を超えているが健康に害はない。害があるから規制値があるのでは?国民に冷静な対応を求めるなら正確な情報を与えるべきだ。人が不安にかられるのは先の見通しが分からないからで、早急に事故収束の見通しを出さなければならない。今回の原発事故に関して武田邦彦先生の報告は参考になる。

東電や原子力保安院の発表を見ていて不思議な感じがする。急を要する大事故なのに他人事の様な危機感のない落ち着いた口調で報告している。原発は安全と国民に思い込ませていても、自分たちは事故が起こることは想定していて現状は想定内だから冷静でいられるのだろうか。それならどこまでの被害を想定しているのだろう。

躁うつ病は躁状態とうつ状態が交互に現れる病気ではっきりした原因は不明だ。ストレスが主な原因で発症するうつ病とはまったく違う病気で治療法も異なる。躁うつ病には激しい躁がでるⅠ型と軽い躁のⅡ型があるが、Ⅱ型の躁は他人に迷惑をかけることもなく元気がいいというぐらいで済むのでうつ病の回復期と間違われやすい。

久しぶりに来院された女性。3ヶ月前から気分が落ち込みだんだん外に出られなくなりひきこもり状態になられたそうだ。少し元気になり外出できるようになったので来院された。今日は心臓付近が痛く、動悸を感じるとのこと。治療の後症状は治まったが、躁うつ病の既往歴からいま軽度の躁状態になっているのかも知れず、自己判断せず精神科を受診するように勧めた。中途半端なことをすると再発するのでどう予防するのか専門医の指導も必要と思われる。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
久しぶりに神代植物公園に行った。早春の花は黄色が多い。サンシュウ、ヒュウガミズキ、ラッパスイセン、レンギョウ、どれも黄色い花だ。

  


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     片頭痛治療のその後 (2018-10-30 23:17)
     20年来の頭痛(片頭痛) (2018-10-20 18:21)
     脳出血リハビリ入院中の不眠、足のしびれ (2018-08-16 23:50)
     脳脊髄液減少症治療その後の経過 (2018-06-03 19:53)
     脳脊髄液減少症による多彩な不定愁訴 (2018-05-31 20:25)
     脳梗塞による手足の後遺症 (2018-05-13 16:53)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    躁うつ病とうつ病は違う
      コメント(0)