たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年02月23日

半年治らなかった膝痛(変形性膝関節症)

60歳代の女性が右の膝痛で来院された。この半年整骨院で週に3~4回治療を続けたがよくならないとのこと。どのような治療をしたかと尋ねると、温めてその後電気をかけたそうだ。多分遠赤外線の温熱療法と低周波治療だと思う。

外観上、膝の大きな変形はない。打撲や捻挫をした覚えもないそうだ。平坦なところを歩くのは痛くないが、階段の昇降で痛く正座が出来ないそうだ。この方は半年間毎週3~4回も膝の治療を続けたが、効果がなかったということは、その治療自体が悪かったのか痛みは膝に出ているが原因は膝以外にあり膝を治療しても効果がなかったかのどちらかだろう。

本当に膝が悪いのかチェックしてみた。触診して腫れや熱感はなく、膝蓋骨もひどく固まってなく動く。膝に問題はないようだ。次にベットの上で四つん這いになりゆっくりお尻をおろし正座をしてもらうと踵から5cmくらいのところで右膝に痛みが出る。今度はベットの端から足首から先を出して同じように正座してもらうと、今度は痛くなく正座が出来た。

この二つの動作は何が違うかというと足首に負荷がかかるか否かということで、足首に負荷がかかると膝に痛みが出ることを示している。要するにこの膝痛は膝は悪くなく問題は足首にあることを示している。だから膝をいくら治療しても治らない。治療は足首や踵、アキレス腱部を細かく触診して圧痛点を探し、円皮針を貼り、1個貼っては正座時の痛みを確認しながら4ヶ所目で痛みなく正座が出来るようになった。

次にベットの端に手をついてしゃがみ込んでもらうと、痛みはないが少しツッパリ感がある。これは足首が背屈されることの影響だと考えられるので足の甲を調べると2指と3指の間に圧痛がありそこに円皮針を貼ると解消した。痛くなって1年治療を始めて半年の膝痛が一回の治療でよくなったので不思議そうな顔をされていた。どうして足首に問題が起こったのかそれはまだ未解決なのでそれを発見して本当の治療になる。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     鍼一本で治ったストレッチによる肩痛と視力回復 (2018-10-07 18:17)
     体重増加による足のむくみと膝痛 (2018-07-22 23:00)
     激痛の五十肩一回の治療で大幅改善 (2018-06-27 00:10)
     坐骨神経痛による臀部の激痛 (2018-05-20 16:24)
     五十肩(肩関節周囲炎)の刺絡治療 (2018-04-06 19:44)
     ランナーのハムストリング痛 (2018-03-18 20:21)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    半年治らなかった膝痛(変形性膝関節症)
      コメント(0)