たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年12月10日

足裏の痛み(鶏眼・たこ・イボ)の灸療法

足裏の痛み(鶏眼・たこ・イボ)の灸療法二ヶ月近く歩くと足の裏が痛い60歳代の女性の治療をしている。最初は左右どちらも痛かった。この方は通勤時約30分歩いていた。仕事もおもに立ち仕事である。足底筋膜炎の症状とは違う。痛い場所は足指の付け根に近い部分で、押すと圧痛が数ヶ所にあった。

おそらく足底の筋肉疲労か筋力低下によるものと推察して一週間に1回治療を続けた。一穴治療する度に床の上で足踏みさせたり、歩かせたりして痛みの変化を追いながらツボを決めていった。最初は治療当日よくても、翌日にはまた痛みがぶり返していたが、次第に痛みがない時間が増えていき一ヵ月後には右足裏の痛みはなくなった。

それから一ヶ月経った今週の治療で左足裏の痛みもほとんど消失した。仕事中長時間立っている時たまに感じるくらいになった。この患者さんはそうではないが、足の裏に「うおのめ」や「たこ」ができて痛々しい足裏を時々みる。鶏眼(うおのめ)やたこは灸できれいに治るのでお困りの方は試していただきたい。  

どちらも荒めの艾を使い患部と等大の大きさに捻り熱さを感じた後、さらに数壮すえ続ける。平均して1ヶ月くらい続けるとどちらもとれる。途中黒焦げになり硬くなった組織ははさみやカミソリでけずるといい。手術、薬、窒素などの方法もあるが灸は再発が少なく、治療中生活に支障がない。私自身二十数年前冷凍窒素で足裏のたこを焼いたが、1~2年後再発して今度はお灸を試した。3週間ほどして患部がガバッとはずれ完治した。その後再発していない。

また中年以降首の周囲にできるイボもお灸できれいに治る。これは上質の艾を細く捻りイボの上に3~5壮すえる。お灸をした後数日以内に自然にとれている。こちらは毎日続ける必要はなく通常1回でよくなる。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(皮膚疾患)の記事画像
    帯状疱疹らしい痛みと発疹に井穴刺絡
    ズキズキするひょう疽とビーチバレーによる右肩痛
    顔と頭に出た帯状疱疹
    悪化して3年経ったアトピー性皮膚炎
    掌蹠膿疱症性関節炎の痛みの治療
    脂漏性湿疹の鍼灸治療
    同じカテゴリー(皮膚疾患)の記事
     血栓性外痔核と帯状疱疹の前兆? (2016-11-07 20:15)
     大人のにきび治療 (2015-09-25 21:57)
     手掌と足裏に多量の汗・多汗症 (2015-09-17 15:30)
     小児アトピー性皮膚炎とおねしょ (2014-09-15 19:55)
     帯状疱疹らしい痛みと発疹に井穴刺絡 (2013-08-31 22:37)
     ズキズキするひょう疽とビーチバレーによる右肩痛 (2013-03-17 22:47)

    この記事へのコメント
    お灸って、本当に色んな症状にきくんですね!
    Posted by まゆ at 2010年12月10日 01:04
    まゆさん、お灸の費用対効果はとても優れています。各家庭の救急箱に艾が常備されると、薬の使用量は減ると思います。普及させるのは鍼灸師の仕事です。このブログで紹介します。
    Posted by へんせきへんせき at 2010年12月10日 21:16
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    足裏の痛み(鶏眼・たこ・イボ)の灸療法
      コメント(2)