たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年10月01日

気分の落ち込みを鍼灸で調整

気分の落ち込みを鍼灸で調整30歳代の女性。うつ病ではないが精神科で抗うつ剤と安定剤を処方されている。3年ほど割りと安定していたが、2ヶ月ほど前から気分が落ち込むことが多くなり時々出社するのが辛く休んでしまう。1ヶ月前にパキシルに加えジェイゾロフトが処方されたが、症状がいまいち改善しない。

朝起きるのが辛く、やる気が出ず休みなら一日中寝ていたいが、出勤すれば仕事はできる。精神科ではずっと薬物治療だったが今回カウンセリングを紹介され1回受診したそうだ。感想を聞いたら症状が楽になる実感がなく、半信半疑だがもう少し続けてみるとのこと。

治療はお灸を中心に生気の虚を補い(肺経、脾経、腎経、督脈)頭部の反応点に鍼を加えた。自律神経的には交感神経を活発にする必要がある。この患者さんには早起き、運動が必須であるが本人は分かっていてもなかなか実行できない。

治療の後は来た時より体が楽になったそうだが、どれくらい持続するかは何とも言えない。自宅でお灸を続けて、気持ちが少しでも前向きになった時には体を動かすことを勧めた。今のところまだ身体症状(頭痛、吐気、動悸、不眠、消化器症状など)が軽いので早く回復できればと思う。


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     顔面神経麻痺(完治まで半年と言われたが) (2020-02-10 21:50)
     延髄梗塞の後遺症 (2019-09-30 23:04)
     14ヶ月続く帯状疱疹後神経痛 (2019-08-27 22:36)
     帯状疱疹後神経痛をどう防ぐか (2019-06-27 23:25)
     むずむず脚症候群とぎっくり腰 (2019-03-29 23:37)
     不眠症・睡眠剤に依存したくない (2019-01-25 22:53)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    気分の落ち込みを鍼灸で調整
      コメント(0)