たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年02月28日

ストレスによる体調不良

30歳代女性が子供の幼稚園での保護者間の人間関係で悩まれ胃腸障害を訴え来院された。

ストレスの原因はさまざまであるが何らかの体調不良をもたらすことが多い。

学術的にはノーベル生理学賞を受賞したセリエ博士のストレス学説が有名である。

ストレスは自覚できてもそれを意思の力で解消できないところにやっかいさがある。

強い精神力を養うといっても急にはできない。体に症状がでたら先ずそれを早く解消することが急務だ。

症状が出ている時ほとんどの場合自律神経が興奮している。交感神経の興奮 副交感神経の興奮両方の混在、いずれも鍼や灸で抑制できるのでお試しください。

  • 同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事画像
    不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生
    出産後ひどくなったPMS・不安神経症・不眠症など自律神経症状
    脊柱管狭窄症と良性発作性頭位めまい症の鍼灸治療
    むち打ち症の後から続いている慢性疲労
    うっ血性心不全の後から発症した両下肢の冷え
    うつ症状による体調不良と気管支喘息
    同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事
     逆流性食道炎と言われたけれど (2019-06-09 16:22)
     酷暑を乗り切る井穴刺絡 (2018-07-24 23:41)
     むくみと自律神経 (2018-06-14 13:32)
     若いのにLOH症候群のような症状 (2017-10-13 21:50)
     不調の原因は降圧薬の効きすぎか? (2017-06-01 23:43)
     耳鳴り、食欲不振、下痢、気分も落ち込んでいる (2017-05-12 22:47)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ストレスによる体調不良
      コメント(0)