たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2018年09月28日

ピアノ発表会の後に発症した咳喘息

プロの演奏者ではないがピアノの指導者として時々演奏会をやっている50歳代の女性。9月1日に演奏会を終え仲間内で食事会をした。夜中激しい胃痛で目が覚めた。明け方までに激痛は治まったが鈍痛が残った。そのうち全身に蕁麻疹が出たがお昼ぐらいには自然に引いた。

一週間後後鼻漏と咳が出てきた。熱や体のだるさもなかったが耳鼻科を受診した。抗生物質、咳止め、抗アレルギー薬などが処方され3日飲んだが改善の兆しがなく咳がいっそうひどくなったので呼吸器内科を受診した。

そこで咳喘息と診断され吸入薬を中心にした薬が出された。それから10日経ち症状はだいぶ楽になったが、息が深く入らず胸骨あたりで止まっている。また咳はなにかのはずみで出るとしばらく止まらない。しかし水泳やカーブスで運動しているときには治まっている。来月合唱団の発表会が予定されていて今の状態では歌えないので何とかしてほしいとのこと。

ピアノ発表会までは根を詰めて練習した(交感神経の興奮状態)無事終了ほっとしてそれをきっかけにいろいろな副交感神経異常興奮の症状が出てきた。

吸入薬はステロイドと交感神経刺激薬が配合されている。心臓に影響することもあるので井穴刺絡でチェックしてみた。H1井穴刺絡で呼吸に変化なし左H3井穴刺絡で楽になる。右もやるとさらによくなる。もう一回H3をやるとまたよくなった。やはり心臓が少し疲れているようだ。

次にH5F5と副交感神経を抑える治療をするともっと良くなった。もう1回やったがそれ以上の変化はない。胸骨の上に圧痛があるのでそこにハペパッチを貼って治療終了する。最後に副交感神経を異常興奮させる誘因をお話しし生活を一度見直ししてみることをお勧めした。


にほんブログ村
  

  • Posted by へんせき at 21:47Comments(0)呼吸・循環器