たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2018年09月10日

慢性心不全による息切れ

心臓の弁の機能が落ち慢性心不全症候群といわれている80歳代の女性。速足で歩いたり階段を昇ったりすると息切れがする。今年の夏は異常な暑さのため外に出ることも少なく足腰も弱ったようだと言う。

弁は大動脈弁と僧帽弁が悪くなっているが積極的な治療はしていない。井穴刺絡では心臓の治療にH3H1H2H5F5H6F4を適宜選択する。呼吸の深さを指標に左H3→右H3を2回やった後H2をやると胸の重苦しさも楽になった。

寝つきが悪く最近は毎晩短時間型の睡眠剤を飲んでいるとのことなのでF4H6百会の刺絡をする。首肩がすっきりしたそうだ。来院の時は自宅から20分くらいかけて途中1回ベンチで休みゆっくり歩いて来るが帰りは途中休まないでいい。

心臓の治療には適切な運動が効果的と言われている。それは酸素利用能力を上げる薬はなく運動が唯一の方法であるからだ。どのような運動をどのくらいやるかは専門家に相談して効果がでるような運動処方をしてもらうといい。


にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 19:55Comments(0)呼吸・循環器