たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2016年05月28日

10年ぶりのぎっくり腰

診療開始を待っていたように電話が鳴った。昨夜お風呂に入ろうと上着を脱ごうとした時に腰に痛みが走り動けなくなったとのこと。10年前にもぎっくり腰で治療を受け2回目ですっかりよくなったのでまた治療を受けたいと言う。

腰を曲げることが出来ないので上体を立てゆっくり歩を進めながら来院された。ベットに寝ることが出来ないので座位で治療することにした。効果の判定は座位から立位になるときの痛みでする。腰を診ると15年前に椎間板ヘルニアの傷跡がL3~L5に残っていてこの周囲が体を動かすと痛いそうだ。傷跡に圧痛はない。

左F4のそばに圧痛点があるのでまずここにハペパッチを貼ってみる。あまり変化がないのでF4井穴刺絡をするが効果なし。座ったままでお腹を触って診るとみぞおち部に圧痛がある。左F1井穴刺絡で腹部の痛みが取れ立ち上がりもやや改善する。正中線に問題がありそうなので百会の刺絡をするとさらによくなる。

現在変形性股関節症で薬を飲んでいるとのことなので腰との関係もあるのではと思いF5井穴刺絡をすると少しよくなる。痛みの程度は10→6くらいになったので治療終了。二日後に勤務先の大学で2時間の講義があるので翌日もう一度治療する。

昨日と違い歩き方がスムーズで座位からの立ち上がりも低い位置からでなければ痛みがなくなっている。腰の前屈、洗顔や靴下を履く動作で軽い痛みが出る。腹部の圧痛も昨日より軽くなっている。F1井穴刺絡の後にこめかみ部の圧痛点に鍼を刺し座位で腰を前後に動かす運動鍼。ほとんど痛みがなくなり明日の講義も心配なさそう。来週股関節の治療をすることにして治療終了。


にほんブログ村



  

  • Posted by へんせき at 20:18Comments(0)運動器疾患