たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2016年03月29日

五十肩・右肩と腕が痛くて上がらない

健康食品会社に勤めている50歳代の女性。昨年11月くらいから右肩と腕が痛くなりだんだん上がらなくなった。福岡の稲舛先生が上京された時に一度診てもらい肩のアレルギーかも知れないと言われたそうだ。来院時右の胸鎖乳突筋にハペパッチを一枚貼ってあった。コレステロールがやや高く3年前に帯状疱疹を患っている。

肩の動診をするとどの方向に動かしても痛みが出る。可動域も前方側方とも水平までしか上がらない。首を動かして肩や腕に痛みはでないが、首が凝ってスムーズに回らない。

アレルギーの五十肩か確かめるために左F5→右F5→左H5→右H5と井穴刺絡。右のH5が少しいいくらいでアレルギーではないような感じ。痛くなった11月以前に何か肩に負担がかかることがなかったかお尋ねすると、7月に転びそうになって右手を着いたときに肩がギクッとなった。その時は痛かったが2~3日で痛みはなくなった。

よく経験することだが頑固な五十肩は痛くなる1~3ヶ月まえに何か肩に外的な障害を受けていることが多い。この患者さんもそのタイプではないかと思う。痛みが出る部位は上腕の前と後ろ、経絡は肺経、大腸経、小腸経。H1H6H4井穴刺絡をして痛みが出る姿勢で肩、上腕の圧痛点にパイオネックスを貼る。胸鎖乳突筋の圧痛と肩の痛みも関係しているのでそこにはハペパッチを貼る。首肩の凝りは百会の刺絡で楽になる。

リハビリ体操を2種、ハペパッチ、遠赤美人の温罨法を自宅でやるよう指示して治療終了。1週間後2回目来院時に激痛がなくなったと喜ばれた。稲舛先生ご紹介ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

  

  • Posted by へんせき at 21:29Comments(0)運動器疾患