たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2016年02月16日

強度近視と緑内障がある女性の目の奥の痛み

52歳の女性会社員。数日前から首が凝って辛かったが昨日から頭痛がして右目の奥が痛くなった。月に1回くらい健康管理に通院されているがここ2ヶ月治療していなかった。

もともと目が悪く近視の程度は「ディオプトリー(D)は9D」、老眼も眼鏡が必要でさらに数年前から早期の緑内障で目薬を使っている。1年ほど前に検眼士の宮下氏を紹介して遠近両用の眼鏡を作ってもらった。3ヶ月に1回眼鏡の調整もしているので、原因は肩こり、眼精疲労からくる目の症状として治療した。

首の動診をしてH4H5H6井穴刺絡、目はつぶって治療後の見え方と目の痛みをチェックする。胸鎖乳突筋の圧痛点にパイオネックスを貼ると首凝りは楽になる。目の痛みに対して目の周囲とこめかみにEAPをして右F2F6井穴刺絡。後頭部の刺絡をすると頭痛はなくなり目の痛みも80%よくなる。

最後に百会の刺絡をして治療終了する。目の疲れをためないように毎日「遠赤美人」や蒸しタオルで目を温めることをお勧めした。一週間後目の状態は落ち着いていると連絡があった。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:16Comments(0)感覚器疾患