たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年05月08日

野球で腰痛、ブロック注射でよくならない

毎月2~3回野球をしている30歳代の男性。昨年9月の試合中内野ゴロを処理しようとして腰を痛めた。その場で交代して帰宅、夕方から痛みで動けなくなった。二日間安静にして様子を見ていたが回復の兆しが見えないので車いすで整形外科に行った。

レントゲンを撮りぎっくり腰と言われブロック注射(硬膜外ブロック)をして鎮痛剤が処方された。その三日後くらいから少しずつ動けるようになった。しかし腰の重い感じと鈍痛はなくならず、現在に至るまで1日もすっきりしたことがないと言う。最近少しひどくなってきたので鍼灸の経験はないが思い切って受診された。

過去に腰を痛めたことはなく特に負担がかかる仕事でもないそうだ。じっとしていて腰が重だるく、前後屈と側屈で腰の中央腰仙骨境付近が痛む。しかし腰部臀部に顕著な圧痛はなく、数か所筋硬結がある。F5井穴刺絡で側屈痛がよくなり、F4井穴刺絡で前屈で指先が床に着くまでになる。後屈は変化なくF6でもよくならない。

指や足首に問題はないので百会の刺絡をすると前後屈で先ほどより楽になるがまだすっきりとはならない。腰の硬結部にEAPをして委中の圧痛点にパイオネックスを貼るとあっと言うくらい楽になった。座位で深く前屈すると腰のやや右側に違和感があると言うので百会の右を刺絡、違和感が中央部に移ったので百会の後ろを刺絡。

これで腰をいろいろな方向に動かしてもほとんど問題なくなる。腰にへばりついていた憑き物が取れたような感じだととても喜ばれて治療終了した。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:36Comments(0)運動器疾患