たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年04月28日

弦楽器演奏者の手指の障害腱鞘炎

40歳代のガンバ演奏者の女性。一年ほど前から左手指に鈍い痛みと動かしにくさを感じていた。今年1月~3月まで整形外科で治療したがよくならないので鍼灸治療を試してみようと来院された。

左指特に薬指が動かしにくく鈍痛が続いている。ビンのふたを開けたり洗濯バサミを使う動作は痛みが出てやりずらい。練習は1日平均4時間ぐらいやっている。

指の曲げ伸ばしでの違和感とビンのふたを開ける動作での痛みを指標に治療する。気分が少し落ち込んでいると言うのでF5井穴刺絡をしたが指には変化なし。前腕内側、手首から肘までの圧痛と薬指の動きと関連する筋肉をチェックしてハペパッチを貼る。H5H5´の井穴刺絡で痛み軽減。最後に手掌部の4指の腱に刺鍼。

四日後2回目の治療。手の甲部の鈍い痛みは減ったが指のカクカク感は残っている。今回は前腕の内側の他外側の三焦経の圧痛部にパイオネックスを貼って、その後肩甲骨周囲の指の関連点にもパイオネックスを貼る。最後にH5H5´井穴刺絡。

一週間後3回目の治療。指のカクカク感はよくなった。痛みはよくなったが動きがまだ満足できない。肘の内側2ヶ所にパイオネックスを貼る。手掌部4指の腱に向けて2ヶ所に刺鍼。H5H5´井穴刺絡。呼吸が浅いのでH3H1井穴刺絡で深くなる。

一週間後4回目の治療。カクカク感はない。練習は3~4時間できるようになったが練習後は疲れる。最初に比べると鈍痛は10→1動かしにくさは10→4。ビンのふたの開閉や洗濯バサミも普通に扱えるようになった。後はもう少し動きがもどって欲しいとの要望。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:40Comments(0)運動器疾患