たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年04月08日

中学3年 起立性調節障害の井穴刺絡治療

中学3年男子。1年ほど前から朝起きると時々頭痛とめまいが始まり、6月に初めて小児起立性調節障害と診断された。メトリジンを処方されすぐに快方に向かったが、薬を止めたところ8月からまた頭痛とめまいがはじまった。秋に病院を変え再度メトリジンが処方され今年2月上旬まで薬を飲んでいた。

薬を止めて1ヶ月ほど経った3月10日からまた頭痛とめまいが3日続けて始まった。その後3日間はよかったが昨日今日と調子が悪く薬は飲みたくないので鍼灸治療に連れて来られた。身長166㎝ 体重50kg 自宅血圧は上が90~100下が50~60くらい。

症状と今までの経過から軽度から中度の起立性調節障害だど推察した。来院時も頭痛がしている。臥位と立位での血圧の差はわずかで脈拍の差も20程度。ピソマでH5F5刺激と腎兪の知熱灸、治療後立位での脈拍が6減り最低血圧が7上昇する。自宅でピソマを続けていただく。

三日後2回目の治療。この3日間起床時に頭痛はあったがいつもより軽くよくなっている感じがしたとのこと。治療はピソマでH5F5刺激。7分灸2壮を曲池、足三里、中脘、身柱、肝兪、腎兪。治療後は臥位と立位の脈拍の差が少なくなり血圧も治療前より上昇する。五日後3回目の治療。この間朝は7時から7時半に起床。調子がよかったのでピソマはしなかったところ、今日すこし頭が痛くフラフラするとのこと。

今日は井穴刺絡をやってみたいと言うので本人と母親に指導しながらH5F5を治療する。治療前より血圧は上が10下が5上昇、立位と臥位の脈差も18と安定。自宅で様子を見ながらやってもらうことにした。

この子はそれほど重症でないせいもあると思うが治療に対して反応がいい。生活リズムを崩さず交感神経が働くような生活を心がけると自然とよくなっていくと思う。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

  

  • Posted by へんせき at 23:05Comments(0)小児・婦人科