たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年12月29日

小児の過敏性腸症候群・起立性調節障害・夜尿症

今年も無事最後の診療を終わることが出来た。ありがたいことだ、感謝。今年は以前に比べて小児の患者さんが多く来院された。子供が自分から鍼灸をやりたいとは言わないと思うので、親の世代に鍼灸が認識されて来たのなら嬉しいことだ。

今日は3名小児の治療をした。7歳男子過敏性腸症候群の2回目の治療。約1年大学病院に通院治療中、1週間前に初診でこの1週間毎日母親に自宅治療をしてもらった。効果は便に形がついてきて、ご飯を少しずつ硬くしているとのこと。下痢止めは中止している。

二人目は中学1年女子の起立性調節障害の治療。夏休みが終わり新学期が始まってから昼夜逆転、頭痛で学校を休んだり遅刻したりするようになり来院。治療を始めて約2ヶ月経過。冬休みが終わったらすぐ学校行事でスキー合宿があるのでそれには絶対参加したいとのことで治療継続。

三人目は小学六年男子の夜尿症の治療。治療を始めて約5ヶ月、自宅で足湯とお灸をしながら治療を続けたところこの1ヶ月間一度も失敗しなくなった。目標は卒業までに治療しなくてもおねしょをしなくなること。もう少し頑張れば達成できそうだ。

治療院は12月30日から1月6日まで年末年始の休暇をいただきます。来年も患者さん本位の丁寧な鍼灸治療を心がけていきたいと思っています。よろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 22:41Comments(0)小児・婦人科