たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年11月29日

糖尿病を放置している首肩の痛み

中学生の娘さんの治療についてきた50歳の父親。奥さんから娘の治療が終わった後、ご主人を診て欲しいと申し出があった。ご主人は2年前から単身赴任していて年に数回帰ってくるのだが最近あちこち痛いと言っているとのこと。

お話を伺うと血圧は基準値より少し高いが薬は飲んでいない。3年前に糖尿病と診断され食事療法と8ヶ月間薬を飲んで10.1だったヘモグロビンA1cは6.8まで下がったが、転勤を機にどちらも中断してこの2年間検査もしていないそうだ。首肩が慢性的に凝って指や腕の関節が痛い。今一番辛いのは首肩の凝りと痛みだと言う。

座位で首を前後左右いろいろな方向に動かして痛みや突っ張り感を確かめてから治療開始。治療によく反応してH6H5の井穴刺絡で80%改善する。患者さんは変化の大きさにすこし驚き不思議そうな表情である。次に仰臥位で腹部の切診をして糖尿病に対して肝経、腎経、脾経の治療をする。

糖尿病は単に血糖値が高い病気ではなく全身の神経血管の病気なので放置していると必ず合併症で大変なことになる旨お話する。(製薬会社勤務なので充分ご存知のはずだが)もう一度座位で首をチェックして左風池に鍼をして百会の刺絡をするとほとんど首肩の症状はなくなった。

仕事で携帯型のパソコンを使っていて老眼の進行もあり眼精疲労も関係していると思われたが手指の腱鞘炎様の痛み共々時間切れとなってしまった。次回帰省するときまでに糖尿病の検査をすることとお灸を勧めて治療終了した。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

  

  • Posted by へんせき at 22:59Comments(0)運動器疾患