たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年03月30日

5回目のギックリ腰・鍼灸治療に挑戦

30歳の女性会社員。昨日朝起きた時から何となく腰の調子がおかしい。午後から横になって安静にしていたがよくならない。夜風呂に入ったら痛みがひどくなってきたので、冷湿布で冷やして寝たそうだ。

しかし今朝になっても腰の痛みが引いてなく、寝床から起きるときやズボンをはいたり、前屈みの姿勢が辛いとのこと。過去に4回ぎっくり腰をおこしている。学生の時は問題なかったが、就職して最初の会社でハイヒールを履き重いものを持って営業で歩き回っていたことが原因なのか腰痛を起こすようになった。

3年前に転職して今度は一日中座ってパソコン相手の仕事になった。つい1ヶ月半前にも腰痛を起し一週間ほど湿布を貼って休んでいたとのこと。こんなにしょっちゅう腰が痛くなっていても困るので来院された。今回痛くなった原因に特に思い当たることはない。ただ小学生の時2回尾骨をひどく打って骨が曲がっているがそれが影響しているのでないかと少し気にされている。

診察してみると痛みの部位は腰椎より少し下の仙骨部中央で、前屈と左側屈で痛みが顕著にでる。座位でF4の刺絡をすると前屈が50%改善する。しかし少し脳貧血のような感じがするというのでベットに寝てもらい三里に鍼をするとすぐもとに戻る。伏臥位で腰部に鍼をしたがこれはあまり効果がない。遠隔治療がよさそうなので次に頭部の治療をした。山元式頭針と頭部刺絡をしたが、一番効いたのは百会で施術中に腰に響きスゥーとするという。

この患者さんは尾骨を打ったことが原因か分からないが、腰椎の生理的な湾曲が少なく(首ならストレートネック)腰痛を起しやすい形態をしている。痛みが完全になくなってから運動、筋トレ、ストレッチ、正体法などで総合的に調整していくことが必要と思われる。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

  

  • Posted by へんせき at 00:45Comments(1)運動器疾患