たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年02月13日

幼稚園児の足首捻挫治療

幼稚園年長組の元気のいい活発な女の子。1週間ほど前に右足首を捻挫したようで体重がかかると痛いという。治療は整骨院でアイシングとテーピングを続けているがまだ痛みが取れないとのことで治療を依頼された。昨日車で1時間半もかけて来院された。

16日に園のマラソン大会が予定されていて、子供がそれを楽しみにしていてどうしても出たいので何とかならないかとのこと。治療室の中を歩かせて痛みの様子を観察して、次に足首をいろいろな方向に動かしてみると内反、外反で外踝の頂上に痛みが出る。(普通の捻挫は外踝の斜め前に痛みが出ることが多い)

治療はビソマを右F5に貼り、30回圧迫し痛みの頂点にソマを貼る。それで歩かせると痛みなし。内反、外反では最初の半分くらいに減っている。鍼をしようとすると「整骨院で3本鍼をされて痛かったのでイヤだ」と言う。「絶対に痛くしないから1本だけやらせて」と言うとOKしてくれた。太さ0.1mmの鍼を絶骨に浅く刺してほとんど痛みが取れた。

遠いところからの来院なのでほんの少し残っている痛みに対して井穴刺絡をしようと思い、お母さんをモデルに治療を見せる。血を見ても恐くないやっていいと言うのでハートマークで刺絡する。「痛くない」と言う。これで足首を動かしても、軽く走らせても痛くなくなる。最初は緊張していたが少しずつ痛みが軽くなるにつれて安心して治療を受けてくれた。

お母さんにもう冷やすのは止めにして、テーピングも安静時は取ってポイントにお灸をしてもらうようにお話した。帰宅して公園に連れて行き遊ばせたらまったく痛みを訴えず今までのストレスを発散するように走り回ったと電話をいただいた。マラソン大会もおそらく大丈夫だろう。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:23Comments(0)運動器疾患