たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年12月28日

五十肩と乳がん治療

今年最後の患者さんは新患で左五十肩の主婦だった。五十肩は肩関節周囲炎ともいい40歳代から増える肩関節の障害で急性期、慢性期、回復期を経て1年から1年半で生活に支障がない程度に自然に回復する。

しかしその期間は最初は痛みその後は関節可動域の制限のため日常生活に非常な制約を受ける。今日の患者さんは約6ヶ月前に発症し痛みは減ってきたが腕を挙げることが不自由で、慢性期から回復期に入った病期と思われた。

肩関節の可動域は前方挙上(屈曲)は水平まで、側方挙上(外転)は水平まで挙がらない。12月から整形外科に回されリハビリをやってるそうなので時間さえかければ問題ないが、回復を急ぐ特殊な事情があった。それは11月に左の乳がんの手術を受け、次の治療として放射線治療を控えている。これは腕を挙げた姿勢で放射線照射しなければならず、効果的な照射期限が迫っている。放射線科で早く肩を治すように急がされている。

治療は刺絡、頭針、灸で腕の可動域が広がるかを指標に行なう。明日から年末年始の休診となるので、回復期の五十肩体操を5種類指導して、7ヶ所のツボに毎日せんねん灸を続けてもらうことにした。新年7日の病院での診察で腕が挙がっていれば放射線治療が始まるそうだ。

五十肩の発症原因はっきり分かっていないが、片方を発症して1年前後でよくなった後しばらくしてもう一方も発症するケースをよく見る。この方も右肩を2年前に発症していた。また乳がん検診は3年続けて受診されていたので7×8ミリで早期の発見、センチネルリンパ節生検も陰性で後は放射線治療と5年間のホルモン剤治療で完治されるだろう。

この一年ブログのご愛読ありがとうございました。何らかのご参考になれば幸いです。なお新年は6日から診療始めます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:59Comments(0)運動器疾患