たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年10月28日

糖尿病と高血圧に鍼灸治療併用

鍼灸治療を始めて約7ヶ月の60歳代女性の患者さんがいる。1年前急に左目の視界が内側半分欠けてしまった。開業眼科医で目の異常はなく、調布市内の脳神経外科に回され入院検査するも原因が分からず、杏林大学病院神経内科に転院された。

やはり原因は特定できなかったが脳波に癲癇様の波形が認められ抗てんかん剤の服用で視野は正常に戻り退院された。そのときの検査で高血圧と糖尿病が指摘され入院中から薬による治療が始められた。

針灸院にお見えになった時の血圧は収縮期160拡張期95程度。血糖値は145、HbA1cは7.1であった。ご本人も薬だけでは充分でないことを承知で日常生活の見直しと共に鍼灸を併用してみたいとのことであった。

この7ヶ月間毎日朝夕30分ずつのウォーキングと週1回の鍼灸治療を続けられた。今月の検査で血糖値117、HbA1c6.0に改善していた。血圧も治療のたびに測定しているが最近2ヶ月は収縮期130拡張期85程度に安定している。

生活習慣病は地道な日々の努力の上に治療がある。安易に薬を増やして検査値の数値を合わせてもそれは決していい治療にはならない。食事も運動もそれが生活リズムになると実行はそれほど難しくないようだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:25Comments(0)生活習慣病