たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年08月30日

研究会に参加して

昨日は四ヶ月に1回開催される研究会に参加し、私も症例発表の場を与えられた。参加者は50名くらいの小さな集まりだが私にとっては、全国規模の学会などより得るものがずっと大きい。理由は参加者の熱意と臨床に即していること。印象に残った発表を幾つか紹介したい。

両肩の五十肩。右は慢性期、左は急性期の五十肩治療を手順と経過を細かく報告されていた。整形外科では五十肩はやがて治る疾患として痛みに対して積極的な治療をしない。その間患者は痛みに悩まされる。患者さんは痛みを何とかして欲しいはずだ。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の関節拘縮を目的にした治療。ALSは難病だ。人工呼吸器、胃ろう、膀胱留置カテーテルの患者さんに対し週3回の訪問治療で硬縮が改善し、着替えや入浴介助が楽になった。

片頭痛が手足2穴づつの治療でその場で痛みが寛解した2症例。片頭痛は痛くなると薬が効かず痛みが引くのをじっと待つしかない。発症1日以内に治療すれば著効が得られるだろう。

不眠症の治療。不眠でなやむ人は多い。今の薬は安全というが習慣性と依存性は残っている。不眠の原因は様々だが鍼の効能を生かせる分野だ。

⑤「ツボの位置はどこだろう?」のテーマで足の肝経・太敦の臨床的な取穴。体性神経の調整と自律神経の調整では効く位置が違うという興味深い発表。これはさっそく追試しなければと思った。

さらに実技治療として会場からモデルを募った。モデルとなられた方は坐骨神経痛様の痛みで杖をついて前に出られた。鎮痛の為医療用麻薬を貼付されていた。この痛みをとるのはかなり難しいと思い見ていたが右足6ヶ所治療したらはっきり痛みが軽減し、最初は訴えていなかった左の痛みを感じられるようになった。モデルさん以上に私たちが驚いた。

昨日の勉強を今日からの治療に生かして行きたい。  

  • Posted by へんせき at 22:31Comments(0)医療情報