たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年07月03日

研究熱心な患者さん

自転車通勤歴5年、2ヶ月前にクロスバイクからロードレーサーに乗り換えた30歳代の女性。乗り換えてまもなく右膝の内側が痛み出した。それにも係らず自転車に乗っていたら階段の昇降や膝を曲げる動作(屈み込む、正座など)が出来なくなり先ず整形外科を受診した。

その後スポーツ障害の鍼灸院と整体院に行ってみたが膝の痛みに変化はなかったそうだ。ここからがこの方の偉いところで自分で治そうと思い、いろいろ調べてネット掲示板を通じて自己治療の指導をしてくれる九州のG先生にたどり着いた。

この先生は私も存じ上げているとても腕のいい鍼灸師で、G先生の指示に従い治療道具を購入し自己治療をした結果右膝とは遠く離れた反応点を見つけ自転車に乗ることは出来るまでによくなった。そこでG先生と同じ治療法の鍼治療を実際受けてみたいとのことで来院された。

痛みの程度を調べる為、平地を歩く、階段の昇降、四つん這いからお尻をかかとに近づける、ベットに手を突いてかがみこむ、動作をして治療前のチェックをする。今日は時間の関係で遠隔治療頭部のツボ3ヶ所の鍼で6割程度の改善を見た。そしてご本人に今日の治療を参考に次回まで自宅治療を続けてもらうことにした。よく勉強されていて理解が早い。

ご本人の感想「ネット上の指示では漠然としていた手技やツボの取り方がよく分かった」そうだ。最後に自転車での来院だったので自転車を調べるとどうもサドルのセッティングがよくないようだ。それが不自然なペダリングにつながり膝痛の原因になった可能性がある。もう少しサドルをフラットにしてみるようのお話した。  

  • Posted by へんせき at 00:00Comments(2)運動器疾患