たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年06月01日

鍼灸治療へのお尋ね

先日の懇親会のとき同席した方々から鍼灸治療に関して幾つかの質問を受けた。お話をしながら一般の方の鍼灸に対する認識が私の思っているレベルと差がありこの差を埋めることすなわち意識改革が鍼灸の普及につながると感じた。

質問その① 私のブログを読むと鍼灸の適応は肩こりと腰痛以外にも沢山あるようだが本当に効くのか? 感染症や外科的な手術が必要のもの以外は適応だが、日本の医療状況では第一選択で医師の診療を受けるのが普通だろう。一般的治療で上手く行かない時や薬の副作用がある時などは相談して欲しい。

質問その② 衛生面は大丈夫か? 20年以上昔は鍼の管理や消毒に問題がある治療所が散見されたが、現在はディスポーザブルの鍼と高圧滅菌器の設置が普通になっている。保健所の指導もそのようになっているので肝炎やエイズの感染は心配ない。受診前に確認されるといい。

質問その③ 健康保険の適用はあるのか? 腰痛・五十肩・頸肩腕症候群・神経痛・リウマチ・などの慢性の疼痛を主とする疾患で医師の診断書または同意書がある場合に適応される。ただ診療報酬の問題で保険だけでは充分な診療が出来ないのが実情だ。

質問その④ どこに行けば安心して質の高い治療を受けられるか? 外観やホームページだけでは分からない。治療の前提に信頼関係が必要。治療を受ける前によく話をして相手の人柄と知識を判断し、信頼できそうなら一度治療を受け効果と治療後の説明に納得したら続けていいだろう。

写真は先週帰省した時に行った長崎医療センターのドクターヘリです。長崎県は離島が多く以前は急患が出たら自衛隊のへりが出動していました。鍼灸師がドクターヘリに乗ることはありませんが、救急時に使うツボはあります。(クリックすると大きくなります。)
  

  • Posted by へんせき at 21:43Comments(2)医療情報