たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年04月09日

慢性前立腺炎その後

先週治療した慢性前立腺炎の患者さんが2回目の治療に来院された。この1週間の経過を聞くと指示したお灸は5日間続け症状は残っているが50%くらい改善したそうだ。

今日の治療は腎経と膀胱経の刺絡を中心に下腹部と仙骨部の反応点にお灸をして最後に頭頂部の百会に鍼をした。この百会のツボは色々な使い方があるが全身的には交感神経の興奮を抑え部位的には体の正中線上に症状が出ている時は効果的だ。

泌尿器科では抗生剤は止めα1遮断薬と生薬製剤だけ処方されているそうだ。α1遮断薬はユリーフ、フリバス、ハルナールと3種類あるが効く受容体が少しづつ違うので人により効き目が違う。医者と相談してどれが一番合うか試してみるようお話した。

引き続き自宅での治療をしてもらうことにしたが、今回は刺絡のやり方を指導して3ヶ所のツボを1日おきにやり経過を見ることにした。この病気は何かのきっかけで悪化することもあるがそのような時症状を抑える自宅療法を覚えていれば心強い。  

  • Posted by へんせき at 22:32Comments(0)泌尿・生殖器