たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年03月30日

脊柱管狭窄症の鍼灸治療

脊柱管狭窄症と脊椎すべり症で3年治療継続中の60歳代の女性が来院された。治療のきっかけは3年前掛かりつけの整形外科で脊柱管狭窄症の手術を勧められたことにある。当時左側の臀部から下肢の痛みとしびれがひどかったが、出来れば手術を避けたいとの思いで受診された。

お話を伺い痛みと腰椎の変形は関係ない場合が多いので手術を3ヶ月先に延ばしてもらいその間はり灸治療をして痛みと痺れに変化がなかったら手術を受けてはどうかと提案した。そこで医者の同意も得て鍼灸を始めた。

3ヶ月後症状は残るものの生活に支障がない程度に落ち着いた。この段階で医者の見解もすぐに手術の必要はないと変わった。それからはり治療を2週に1回、整形外科の診察を2ヶ月に1回受け今日に至っている。前回の整形の診察で医者から骨の変形と自覚症状は一致しない。現状手術は必要ないがもし麻痺が出たら手術を考えると言われたそうだ。私も麻痺がでたらそうすべきだと思う。

この例で考えなければならないのは不可逆的な治療は慎重に決めなければいけないということだ。命に係る緊急手術は別にして時間の余裕があり他に手があるなら先ずそれを試してからでも遅くはない。なぜなら手術をして100%元に戻る保障はないからだ。そのためには自分の病態を良く知り正確な情報を集めなければいけない。自分のことだから全てを医者まかせにするのではなく自分が主体的に取り組むことが求められる。  

  • Posted by へんせき at 21:18Comments(0)運動器疾患