たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年12月09日

ぶどう膜炎と緑内障による霞目と視野狭窄

10月27日にUPした症例の続き。白内障の手術をしたがぶどう膜炎と緑内障を見落としていて手術後も視野の狭まりと霞目で見えにくさが改善しない患者さんを週1回のペースで7回治療した。

先週鍼灸治療を始めてから最初の検査があった。結果は硝子体の濁りが薄くなっていて視力がよくなっていた。自分でも視野、くっきり感、まぶしさ等でよくなっていることを自覚していたが検査でも証明されてとても嬉しかったとのこと。

治療法は目の周囲のEAP、右F2F6井穴刺絡、頭部刺絡(目窓・玉枕・百会・こめかみ) 後頭部の鍼、瞼への知熱灸、H5F5井穴刺絡を適宜組み合わせ、自宅で井穴刺絡と目の周囲のパイオネックスを続けた。

今後は今の治療を継続するとともに軽い糖尿病があるので今一度生活習慣を見直し薬を飲まなくていいように血糖値を安定させたい。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



  • 同じカテゴリー(感覚器疾患)の記事画像
    視力が安定しないぶどう膜炎で通院中の女性
    後部硝子体剥離による飛蚊症(ピカピカ光る)
    耳鳴りが取れない突発性難聴
    十年来の耳鳴治療と生理痛
    井穴刺絡によるメニエール病(難聴・耳閉塞感)治療
    あきらめないで耳鳴りの鍼灸治療
    同じカテゴリー(感覚器疾患)の記事
     首を左右に倒すと耳鳴りがする (2017-08-08 23:47)
     強度近視と緑内障 (2017-07-09 20:53)
     急な回転性めまい・メニエール病? (2017-06-21 21:32)
     自律神経と目の関係 (2017-04-12 22:29)
     スマホによる眼精疲労に対する刺絡と温熱治療 (2017-03-30 23:52)
     舌のしびれが5年続いている (2016-06-19 15:44)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ぶどう膜炎と緑内障による霞目と視野狭窄
      コメント(0)