たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年11月19日

臀部から足裏まで痛み肩が凝り疲れやすい

40歳主婦、小学生の子供二人の母親。8月上旬から最初足裏が痛み、それがだんだん酷くなり脚全体に広がり尾骨付近まで痛むようになった。長い時間立っている、歩く、座っていると悪化する。発症して3ヶ月経つが痛みが落ち着いたり、酷くなったりを繰り返している。

痛む場所は一定ではなく(足裏、かかと、指、すねの外側、太もも、お尻、尾てい骨)と時々によって違う。10日前に整形外科を受診してレントゲン検査で異常なし、電気治療を2回受けたがよくならない。他に冷え性、肩こり、下肢静脈瘤、鼻炎、頭痛があり疲れやすいとのこと。

下半身に生じている痛みは使いすぎや外傷によるものではない。他の症状から副交感神経亢進と察しをつけお腹を診るとみぞおち部に圧痛がある。腰部は硬結はあるが圧痛はない。叩いても中にひびくこともない。左F1F6井穴刺絡で腹部の圧痛は楽になる。

首は左右側屈でツッパリ感。首を回して凝り感がある。肩上部と肩甲間部に吸盤治療をしてからH5井穴刺絡をすると首肩が軽くなる。F5井穴刺絡と百会の刺絡でさらに楽になる。冷え性解消のため三陰交、関元、志室に八分灸7壮して治療終了する。

初めての鍼灸治療であったが効果を実感したとのことで、自宅でできるセルフケアを教えてほしいと言われた。ピソマで井穴刺激、足湯と三陰交、関元、志室のせんねん灸をお勧めした。また運動をほとんどしてないとのことなので散歩と肩こり体操をしていただくことにした。


にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事画像
    不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生
    出産後ひどくなったPMS・不安神経症・不眠症など自律神経症状
    脊柱管狭窄症と良性発作性頭位めまい症の鍼灸治療
    むち打ち症の後から続いている慢性疲労
    うっ血性心不全の後から発症した両下肢の冷え
    うつ症状による体調不良と気管支喘息
    同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事
     若いのにLOH症候群のような症状 (2017-10-13 21:50)
     不調の原因は降圧薬の効きすぎか? (2017-06-01 23:43)
     耳鳴り、食欲不振、下痢、気分も落ち込んでいる (2017-05-12 22:47)
     肩こり、座骨神経痛、むくみ、生理痛 (2016-08-31 23:58)
     虫歯でないのに歯が染み痛む (2016-03-08 23:13)
     ドライマウス 唾液が出にくく口が乾く (2016-01-30 00:20)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    臀部から足裏まで痛み肩が凝り疲れやすい
      コメント(0)