たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2015年09月25日

大人のにきび治療

にきびは正しくは尋常性痤瘡と呼ばれる。青春のシンボルと言われるように中学生くらいからでき始め高校生をピークにその後は通常自然に治まっていくことが多い。しかしその後成人してからも見られることがあり大人にきびと呼ばれる。

30歳代前半の主婦が昨年皮膚科で3ヶ月にきび治療をしたがよくならず鍼灸治療を試してみたいと来院された。今までの経過は10代後半からフェイスライン中心にニキビが広がり、20代半ばくらいに顎に集中して出来始めた。それから現在までにきびに悩まされている。ただ5年前に妊娠した時は不思議なことに妊娠から出産4ヶ月ころまではきれいだった。

現在は唇の下、顎の部分に赤い大きなニキビが出来ている。ホルモンの影響もあるのか排卵日から生理までの期間はとくにひどくなるようだ。いま使っている薬はなく、冷え性の体質だと言う。

治療は局所的には炎症を抑え、全体的には冷え性を治しお腹(腸)を整えることにする。まずF6井穴刺絡をするが血が出ないので指の付け根を縛って絞る。お腹を診てF3井穴刺絡。交感神経抑制にH6井穴刺絡。冷え性対策に三陰交、仙骨部、志室にせんねん灸をする。顔の炎症を取るために合谷に灸点紙をしいて施灸7壮。

肩こりは感じないと言うが百会の刺絡をして首を回してみると楽になったと言う。自宅で足湯、三陰交のお灸を続けるように指示して終了。一週間後二回目の治療。顔を見て赤いニキビが引いている。本人曰く、「最近こんなにきれいになったことはない。このままよくなれはいいのだが」

足を触ると前回よりずっと温かくF6も出血しやすくなっていた。これから調子が悪くなる時期になるので自宅治療を続け一週間様子を見ることにした。参考までににきび治療薬として今年二種類の外用薬が登場している。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(皮膚疾患)の記事画像
    帯状疱疹らしい痛みと発疹に井穴刺絡
    ズキズキするひょう疽とビーチバレーによる右肩痛
    顔と頭に出た帯状疱疹
    悪化して3年経ったアトピー性皮膚炎
    掌蹠膿疱症性関節炎の痛みの治療
    脂漏性湿疹の鍼灸治療
    同じカテゴリー(皮膚疾患)の記事
     血栓性外痔核と帯状疱疹の前兆? (2016-11-07 20:15)
     手掌と足裏に多量の汗・多汗症 (2015-09-17 15:30)
     小児アトピー性皮膚炎とおねしょ (2014-09-15 19:55)
     帯状疱疹らしい痛みと発疹に井穴刺絡 (2013-08-31 22:37)
     ズキズキするひょう疽とビーチバレーによる右肩痛 (2013-03-17 22:47)
     顔と頭に出た帯状疱疹 (2013-02-25 22:15)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    大人のにきび治療
      コメント(0)