たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年11月12日

潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡

潰瘍性大腸炎の高校一年女子を3日続けて治療した。中学一年の冬に発症、4ヶ月入院してステロイドを中心の治療を受けその後は月に1回の通院でアサコール、アザニン他2種類の薬を飲んでいた。タイプは前腸型。

軟便など症状は少し残るものの普通に通学は出来ていたが、今年6月知人の勧めで病院の薬を止めてサプリメントの自然療法に切り替えた。すると症状が急に悪化し38℃~39℃の発熱、下肢全体に紅斑、体重減少(10kg)、腹痛下痢、抜け毛が50日ほど続いた。その間もサプリは飲み続けていた。9月末ごろには上記症状は落ち着き体重も増え学校に行き始めた。この病気は増悪緩解を繰り返しやすい。

10月中旬にサプリを切らし飲まずにいたら3週間ほどで症状悪化、腹痛、吐き気、水様便、関節痛、食欲不振、体重減少などがひどく学校も行けなくなった。鍼灸の経験はないが本人の要望で来院された。

お腹は全体的に硬くあちこち圧痛がある。冷え性で足が冷たく先ず足湯をしてからF1F6F4井穴刺絡次に副交感神経抑制のF5H5井穴刺絡。体の抵抗力を付けるために染谷灸法を参考に全身25ヶ所に八分灸各2壮。治療が終わるころには体が温かく空腹感が出てきた。

二日目、三日目、初日に比べ顔に赤みが差し足も少し暖かくなった。排便回数や腹痛に顕著な変化はないが先ずは井穴刺絡を1クール、お灸を1ヶ月続けて症状の変化を追っていきたい。自宅ケアのやり方を習得中で早く覚えていただくと回復も早くなるだろう。薬は中止されているが経過をみるには血液検査や画像検査も必要なので医師の診察も受けるようにお話しした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事画像
    胃腸の不調からくる背中や腰の強張り
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    食欲不振と下痢が続き体に力が入らない主婦
    小児の潰瘍性大腸炎・寛解維持の鍼灸治療
    しつこい下痢・過敏性腸症候群の井穴刺絡鍼灸治療
    眼精疲労と胃の不快感
    同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事
     痔出血の鍼灸治療 (2017-08-19 22:50)
     急性虫垂炎に井穴刺絡とお灸・ピソマ (2015-08-24 22:31)
     大腸がん検診(便潜血反応と腫瘍マーカー) (2014-10-02 21:31)
     ピロリ菌除菌・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア (2014-09-23 22:19)
     慢性便秘に対する井穴刺絡 (2014-08-16 19:21)
     不眠症から過敏性腸症候群と不定愁訴に井穴刺絡とお灸 (2014-04-28 22:10)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡
      コメント(0)