たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年08月16日

慢性便秘に対する井穴刺絡

便意がまったくなく漢方便秘薬を飲んで排便している57歳パート勤務主婦。若いころより便秘症で10数年前には内痔核の手術を受けた。5年まえに消化器内科で診察を受けたが、沢山の薬を飲むのが嫌でそれっきりになりそれからは市販の漢方便秘薬を常用している。

だんだん薬の量が増えて来ているので副作用や習慣性が怖くなり、当院を受診された知人の紹介で来院された。便秘の状態をお聞きすると機能性便秘の中の弛緩性便秘のように思われる。漢方薬には副作用がないと思っている人もいるが飲んでいる市販薬は大黄、センナ、麻子仁などを含み大腸を刺激する薬で常用していると大腸メラノーシスを起こす。また習慣になりだんだん使用量も増えてくる。

お腹を触れてみると圧痛はないが便の塊りを感じる。治療は副交感神経を働かせて腸を動かす目的で左F1F6、F4井穴刺絡と百会の刺絡。神門に灸5壮。大腸兪と腹部2穴に鍼治療。治療の翌日少量の排便がありお腹がグルグル動くようになった。2回目の治療は4日後にほぼ同様の治療を行う。

1週間後3回目の治療。この間便秘薬は今までの半量で2回のみ服用した。治療はF1F6F4井穴刺絡と神門にパイオネックスを貼り、腹部4穴に鍼。その翌日から毎日1~2回排便がありしかも形もいいのが出るようになりとても嬉しいと言う。1週間後の本日4回目の治療は前回に準じる。この1週間薬は飲んでいない。

排便リズムが正常に戻りつつあると思われるので油断しないで食事や運動など生活リズムに気を付けるようにしてもう少し治療を続けていただくことにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村






  • 同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事画像
    胃腸の不調からくる背中や腰の強張り
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    食欲不振と下痢が続き体に力が入らない主婦
    小児の潰瘍性大腸炎・寛解維持の鍼灸治療
    しつこい下痢・過敏性腸症候群の井穴刺絡鍼灸治療
    眼精疲労と胃の不快感
    同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事
     急性虫垂炎に井穴刺絡とお灸・ピソマ (2015-08-24 22:31)
     潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡 (2014-11-12 22:26)
     大腸がん検診(便潜血反応と腫瘍マーカー) (2014-10-02 21:31)
     ピロリ菌除菌・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア (2014-09-23 22:19)
     不眠症から過敏性腸症候群と不定愁訴に井穴刺絡とお灸 (2014-04-28 22:10)
     胃腸の不調からくる背中や腰の強張り (2014-04-16 20:50)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    慢性便秘に対する井穴刺絡
      コメント(0)